スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.24 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    PLAYZONE '12 SONG&DANC'N PART供1曲ずつ感想

    0
      こんばんは。
      あなたの心で夢の翼を広げる栄枯です☆

      青山の夏が終わりました。
      一足先にワタクシの夏も終わったわけで。
      夏が終わったというのに、なんでこんなに暑いの?意味がわかりません。

      それはさておき、PLAYZONE'12 SONG&DANC'N PART兇無事幕を下ろしたんだど〜!!

      人それぞれ好き好きはあると思いますが、ワタクシは今年の内容がすーごく好きでした!!
      キャストのバランスもいいし、一体感があったし、曲がいい!
      サントラ聴いてても、去年は2週間くらい経ったらプレイリストから外す曲もあったのに(←どの曲かは聞かんといて)、今年は全曲飽きない。ずーっと聴いてられる。

      あとね、去年はユニットごと、もしくは個々にバチバチと火花を散らす感じのイメージがあったんですが、今回はキャストの一体感が凄かったと思います。
      一体感大事!(キリッ)


      ま、そんなワケで、今年も曲順に感想ダラダラ書いちゃおうYO!

      1. Road to PLAYZONE
      このOPね、プレゾンの今年の看板が張り出されてから途中で翼きゅんの襟元とかに変更があったりして、「もしや、パラシュート的な…?」という憶測を呼んでたワケですが、おたの憶測的中。
      イントロで舞台奥から順に宙吊りで天井から降りてくるTRAVIS Japan(以下トラジャ)、MAD、They武道、ふぉーゆー(たぶん)。
      さらに、優馬・屋良くん・翼きゅん・アツヒロくん(並びは定かではない。なぜなら毎回双眼鏡で翼きゅんロックオンしてたから)が歌い出し直前に降りてくる…んですが、この翼きゅんが大門グラサンをかけてみたり、白縁グラサンだったり、今井ファンが忌み嫌うヘアバンド(サッカー選手がしてるやつ。通称:紐)をしてみたり、紐の色が黒だったり白だったり、髭があったりなかったり、と毎日何で出てくるのか話題騒然な曲でした(笑)
      ワタクシが見たときは、大門1回、白縁3回、紐なしでしたね。
      髭はワタクシが見たときは心の目で消せる程度の濃さだったので全然OK!
      ちなみに、マッチさんご観劇の時は綺麗に剃ってました。露骨すぎるわ(笑)
      マッチさんが毎日来てくださればよかったのに…(ブツブツ)

      ま、そんなことは置いといて、歌い出しの翼きゅんの声が低温でシェクシー!!
      ダンスは去年を踏襲してる感じの、ちょっとボディビル…?と雑念が頭をよぎりそうになるダンスではあるものの、全員ビシっと揃っててかっこよかったです。
      この曲って、2年前のプレゾンを思い出させられてあんまり好きじゃなかったんですが、去年でだいぶトラウマ払拭出来たので(そこまで一昨年のが合わなかったワタクシww)、段々愛着が湧いてきました。


      2. 真夏の夜の花
      屋良っち、ふぉーゆー、They武道、MADの曲。
      割としっとりした曲。スポットライトが所々照らされる中で、フォーメーションを変えながら歌い、後半に屋良っちがラップしながら客席に降りてハケていき、ふぉーゆー、They、MADは客席に背を向けて全員がゆっくり歩き去っていくのがかっこよかったです。


      ここで、ふぉーゆーの福ちゃんと辰巳が登場。
      二人で漫談のようなトークを繰り広げるんですが、この背後のスクリーンに屋良っちとThey武道のアニメが流れてました。

      福田「いや〜、屋良くんかっこよかったですね!」
      辰巳「君の全てを奪い去った〜」(屋良っちの真似。この間に「お前もかっこよかったぞ!」とか二人で言い合うやり取りもあり)
      福田「でも、屋良くんが客席に降りちゃうと、見えなくなっちゃいますね!」
      辰巳「そこまで小さくないよ!シルバニアファミリーか!」(←別のバージョンもあった模様)

      のようなやり取りの後、アニメの屋良っちとThey武道が「シャワーでも浴びるか」と言い出す。
      福田「本番中にシャワーって、どういうことだー!!」
      辰巳「まあまあ…見てからのお楽しみってことで」
      福田「たつみー!!」
      辰巳「おう!」
      福田「オッケー♪」

      って感じのやり取りの後、福ちゃんと辰巳がハケる。


      3. 夢の続き
      アニメでシャワーを浴びると言っていた屋良っち&They武道がバスローブ姿で登場。
      シャワーブースに見立てたセットの中でバスローブを脱いで身体を洗いながら歌うって感じでした。
      ブースの中でデニムを履いて途中からステージ前方に出てきて、ステージ上に置いてあるシューズを履き、デニムのポケットからシャツを取り出して羽織ってボタン全開で客を煽るように腰振ったりして踊る屋良っちとThey武道。

      うーん、ま、好きな方は好きなんでしょうね。
      ワタクシはこれ見よがしに「オラオラ〜」って脱がれるのあんまピンとこないっつーかなんつーか。
      あと、六つ割れの腹に興味がないってのもあると思いますが。(翼きゅんみたいに、縦に筋が入ってる腹は大好物なの!←誰も聞いてません)
      やっぱ、男は黙ってチラリズムよね!とか思わされた思い出深い曲です←


      4. ハンター
      ビジョンの映像とコラボして、キャストが下手から上手にベルトコンベアーに乗ってるかのように移動しながら踊る曲。
      キャストが全員めっちゃ鮮やかな黄色いトップスを着てて、翼きゅんは基本黄色いシャツに、白いハットでした。この歌い出しの翼きゅんの声がカッコよくてね〜(でれでれ)
      ビジョンの景色も春から夏→秋→冬にかわっていって、トラジャの子たちが冬っぽくニット帽とか被ってたのが超かわゆかったです。

      翼→優馬→アツヒロくん→屋良っち→全員って歌い継ぐのもすごくよかったです。
      ていうか、優馬とアツヒロくんの声ってちょっと似てますね。
      ワタクシはスゲー昔に死ぬほど光GENJIの曲を聴きまくってた時期が1年くらいあるので、アツヒロくんの声はわかりますけれども。。。
      あと、翼きゅんと松本幸大くんが組んで踊ってたのが俺得感満載でした♪

      で、この曲でどんどん上手にハケて行ったキャストが最後に突風に吹き戻されてステージに登場して客席に「わ〜っ!」とハケていくのね。
      美青年が一挙にステージに降りてくるのがホント圧巻でした〜☆
      そして、たきざーさんが観に来てた時に翼きゅんはめっちゃいい笑顔でたきざーさんの姿を確認してたというスイートメモリーが蘇ります♥

      ここで、松崎がステージ中央でうずくまって居残り。
      袖から登場した優馬が「ちょっと、松崎くん!次僕たちの曲なんだからどいてください!」と言ってもうずくまったまま動かず。
      優馬に「ちょっと、みんなきてー!」と呼ばれたトラジャがわらわらと登場し、ザキさんを動かそうとしてもみくちゃにし、被ってたキャップ(小学生の帽子みたいな黄色いの)を取り上げ、ザキさんが「こらー!」っと身体を起こすと、キャップを取り上げたトラジャの子(誰だかわからず)をザキさんに投げつけると、またうずくまるザキさん。

      ここで、ザキさんのマル秘エピソードを日々暴露する優馬。
      ワタクシが見た時は
      ・ザキさんはヒゲが濃くて、本番前に毛抜きで1本1本ヒゲを抜いている(←翼も見習って!)
      ・ふぉーゆーメンの誰か(忘れた)がザキさんの家に遊びに来た時に、メンバーの前ではかっこ付けて「うちのお袋が」とか言ってたのに、廊下で「おかーさーん!」と母親に呼びかけていた
      ・コッシーは金属アレルギーなのに、ここぞというオシャレをしたい時はネックレスをしていく(←ザキさんネタが無くなったので、他のメンバーの暴露話に以降。笑)
      などでした!8/8の分がどーしても思い出せない。
      自分的に最後の観劇だったので、いろいろ切羽詰まっててね。

      それでも動かないザキさんを持て余した優馬に「ちょっと、お連れさま〜!お連れさまいませんか〜!」と呼ばれて、ザキさん以外のすりーゆーが登場。
      すりーゆー「どうも、お連れさまです!」
      優馬「ちょっとどうにかしてくださいよ、全然動かないんですよ」
      じゃあ、すりーゆーと優馬であたらしいふぉーゆー(「ふぉーゆーま」だったこともあり)結成するか!という話になり、「いいですね!」と優馬も乗っかるも、無反応なザキさん。

      優馬は次の曲があるからスタンバイしてきなよ、と言われてハケ、ここからふぉーゆーのコントがスタート(笑)
      福田「マツ〜!お前の大好きな〜、ふぉーゆーきたぞー!!」(めっちゃハイテンション)
      キャーッ!と起き上がるも、辰巳に睨みつけられて再びうずくまるザキさんと、コッシーと福ちゃん。
      辰巳「あ〜、もうめんどくせぇ!お前たちがそこでそうやってると、これでPLAYZONE終わっちゃうよ!」
      越松福「それはいやだ〜!」(上半身だけ起き上がる)
      辰巳「わたしがバカでした!」
      越松福「わたしがバカでしたぁ〜!」(←この3人の顔がめっちゃおもろい)

      気を取り直した越松福が立ち上がり、
      辰巳「きっと、明日はハッピーデイ!」
      と爽やかに言い放ち、コント終了。


      5. ハッピーデイズ
      優馬&トラジャの曲。
      白黒チェック&ハンチングの衣装で、ステージ上に置かれた箱から飛び出すトラジャがめっちゃ可愛かったです♪
      前半は優馬&トラジャの年長組だけだったのが、途中の「きっと、ハッピーデイズ、もっと、ハッピーデイズ」でトラジャの若い組がピョコっと箱から頭を出して参加してくるのとか超かわいー!
      全員飛び跳ねるような振り付けが若々しくて、去年の優馬の曲より断然いいと思いましたわ☆

      6a. 運命のひと 
      この曲好きー!屋良っちと辰巳・コッシー・山亮くん・林くんがシルバーのスーツ姿でスタンドマイクで歌う曲(途中からハンドマイクになる)。
      これだけ踊れるメンツ揃えておきながら、スタンドマイクって…!なんたる贅沢!とワナワナしたくなる曲(笑)
      それぞれ歌い方のスタイルも違うんだけど、踊らずに歌ってる山亮くんのお顔が美しくて、わりと「たまらんなぐへへ」とか心の中で呟きながら見てました。
      ほら、普段高速で動くからよく双眼鏡からフレームアウトしちゃうのよね。山亮くん。
      ていうか、双眼鏡に収まらない山亮すげぇ。(何の話ですか?)

      6b. LPガール
      前の曲のメンバーに、ふぉーゆー、They武道、MADとトラジャから数人(←雑)が加わってスタンドマイクで歌う曲。3段くらいにマイクスタンドが並んでいて、入れ換わり立ち換わり全員が立ち位置を変えて歌う曲。
      これもノリがよくて、いい曲!
      途中「Be my baby! Be my baby!」ってコールを要求されてCOMPLEX?って思わなくもなかったけど(わからない若者はわからなくてOK)、やっぱこういうC&R的なのがあると客席もテンション上がるよなぁ!と思いました。
      この曲のワタクシ的見どころは、エンジ色?えび茶色?なんともいえない色のスーツを着ている松本幸大くんvvv今年もパーフェクト八重歯が拝めて幸せでした♪

      全員ハケてから、シルバーのスーツで客席にアツヒロくんが登場。
      「ビーマイベイベー、ビーマイベイベー…終わってしまったのか…!遅かった…!せっかく衣装も揃えてきたのに…!」
      と言いながらステージに向かうと、ステージに用意されていたローラースケートにスポットが当たる。
      アツヒロ「なるほど…滑ろっかな♪」
      ローラーを履きながら「立ったままローラー履くのって結構難しいんですよ。ま、僕はできちゃうんですけどね」と言うアツヒロくん。さすがです。

      マイクスタンドの間をスラロームしたりしながら、前列中央のマイクスタンドの前へ。
      「これ光ってたんだよなぁ。どうやって光るんだろう」
      と、アツヒロくんがマイクスタンドを探っていると、下手からコッシーが出てきて無言でマイクスタンドを触り、点灯。コッシー無言でハケる(笑)

      アツヒロ「えっ、これって自分で点けるの?」
      と触るとマイクスタンドの明りが消えてしまい、「ちょっと、コッシー!消えちゃったんだけど!」と袖に呼びかけるも、反応がなく
      「マイクスタンド様、どうか光ってください」
      とアツヒロくんが呪文を唱えると、アツヒロくんの前のスタンド以外が点灯し、スタンドの間を滑って、最後にローラーでターンして場面転換。


      7. 光
      アツヒロくんがハケるとともに光のイントロが…!キター!って感じにワタクシ総鳥肌立ちました!
      今回はゴールドの尖った肩飾りの付いた白いロングコートにゴールドのパンツで翼きゅんが台の上に登場。
      屋良っち、ふぉーゆー、They、MAD、トラジャが黒い衣装で舞い踊るんですが、毎回「今回は全体を見よう!」って思ってるのに、翼きゅんが素敵すぎて結局、翼きゅんロックオンで見ちゃいました。
      もうね、全体像はDVDに任せた!
      途中、間奏の所で後方に下がる翼きゅんが後ろ姿で舞台の左右を指差し、それに合わせる形で黒衣装のキャストたちがアクロバットを繰り広げるのが、超カッコイイし、座長感たっぷりでゾクゾクしました!

      そして、2列に並んだ黒衣装のキャストの間を進んでくる翼きゅん…死ぬほどカッコイイ〜!!
      あの漂うノーブル感は一体なにごとなんでしょうか?
      翼きゅんがステージ前方まで進んで来てガッっと立ち止まって決める瞬間にワタクシ泡吹くかと思いました〜!かっこよすぎてもう…(言葉にならない)


      ワタクシが光で痺れてるところにまたしてもアニメがスタート。
      唐突な展開について行けないんですけど…っていうか、もうちょっとだけウットリさせてくれ!と思うワタクシをよそに、アニメは着々と進行。
      どうやら、アツヒロくんのローラーが片方無くなってしまったという展開の模様。

      ステージ上にバスローブ姿の屋良っち&ふぉゆーがアツヒロくんのローラーを探しに登場。
      ザキさんのバスローブだけが膝上で、毎回福ちゃんに「マツ、短っ!!」って毎回言われてました(笑)
      アツヒロくんのローラーが無くなっちゃったんだって!ということで、「もくてきは!」「アツヒロくんのー!」「ローラーをー!」「さーがすー!」(去年の辰巳のネックレスを探すー!と同じ感じ)とふぉーゆーが叫び、
      辰巳「俺は客席が怪しいと思うんだよね〜」
      福田「屋良くん見てきて〜」(客席笑)
      屋良「いや、おかしいだろ!俺先輩だよ?」
      じゃあ、背の順で一番せが低い人が探しに行こう、とふぉーゆーから提案され、ダントツ背が低い屋良っちが「行ってきま〜す☆」と客席へ。
      お客さんに「アツヒロくんのローラー見ませんでしたか?」と聞いては「知らない」と言われる(日によって、双眼鏡を差し出されたりもした模様。笑)というのを繰り返す。
      「そのまま会場出て渋谷方面にずーっと!」とか、「会場出てプリクラの所に!」とか言われる屋良っち。
      プリクラの時は福ちゃんが「あれで1000円は怪しい!」って言ってて、他メンに「それは言うな!」って突っ込まれてました(笑)

      屋良っちが客席を歩いてると、紫のバスローブを着た江田ちゃんが登場。
      超低い声でぼそっと「ローラー…あったって」と呟き、ハケていく構成でした(笑)
      8/8は江田ちゃんがコッシーのめっちゃ近くに立って、コッシーが「近いっ!」とのけぞり、コッシー以外のすりーゆーが「なにするんだ!俺達のコッシーに!」と江田ちゃんに怒るっていうのがあって可愛かったです(笑)

      ローラーが無事見つかったので、よかったよかった、とふぉーゆーがハケてしまい、客席に取り残された屋良っち。
      「これでもトラビスの振り付け助手やってるんですよ〜。でも、後輩にいじられちゃう屋良っちもいいんじゃないんでしょうか」と言いながらステージ際まで来て「俺も永遠の愛を探しにいこっかな〜、フゥ〜!」とか言ってハケていきました(笑)


      8. 終わらない時を
      アツヒロくんがローラーを履いて歌い踊る曲。
      これもめっちゃいい曲!バリバリのアイドルっぽい曲なんだけど、ポップでとてもいい!
      最初はトラジャがローラー履かずに出てきてアツヒロくんのバックで踊り、トラジャがハケると、ふぉーゆーがローラー履いて出てきて、アツヒロくんを先頭に電車ごっこのように連なってステージ上を滑る。列の最後にいる辰巳が後ろ向きになった時に腰の後ろでピースしててかわゆかったです☆

      後半、トラジャもローラーを履いて登場し、アツヒロくん・ふぉーゆー・トラジャでローラーで踊るのもよかった。
      ていうか、パンフのアツヒロくんのコメントに、2月にキャスティングされてダンスの個人レッスン受け始めて、4月からローラーの自主練始めたってあって、この人すげぇ…!!と震えました。
      アツヒロくんといえば、前に大野舞台で見て以来だったんですが、ここしばらくはお芝居の人ってイメージで、あんまり歌い踊るイメージがなかったので、プレゾン見て「昔取った杵柄ってやつね☆」とか思ったんですが、もの凄い努力してたんですね。マジすげぇ!
      先輩が率先して頑張るって大事ですよね。


      9. Mi Amor 〜あなたという光〜
      翼きゅんのギタリストこと、小川優くんのフラメンコギターから始まるこの曲。
      翼きゅんは白のマタドール風のジャケットにブラックデニムという衣装で、冒頭でフラメンコを踊ってから歌い出すんですが、これがかっこよくて…ブクブクブク(口から泡再び)
      しかも、マタドール風ジャケットって最高ですよね!くびれが丸見え!(どこ見てんの?)
      いや、本当は足さばきをよくするためのジャケ丈なんでしょうけど、翼きゅんのためにあるジャケットだって確信しましたね。この瞬間。
      しかも、やっぱ足長えぇぇeee〜!!
      しかも、お尻が小尻じゃ済まない勢いなんですけど!

      切ない愛を歌い上げながら、歌い上げる対象を目線の先に置いて踊る翼きゅん、ほんっとにシェクシーでしたわ〜(ウットリ)
      最後に、セットの椅子を撫でるのとか、ほんと色っぽい。


      10. マーチ!
      そんな翼きゅんにウットリしてたら、マーチ!のイントロで覚醒しました。
      ワタクシ、去年のプレゾンの中で一番好きなの!マーチ!
      マーチ!だけあと10回見たいって思ったの!ていうか、今でも思ってる!
      衣装&フォーメーションも去年からあまり変えずって感じだったような(基本、翼きゅん中心に見てるのでよくわからず)
      最高の物は敢えて手を加える必要ないのです!素晴らしい!(キッパリ)

      映像から始まるのが大きく変わったところって感じでしょうか。
      このマーチ、キャスト全員登場で、ほんと圧巻!ど迫力!
      ビシっと決まる群舞を見る喜びったらないわぁ。
      最後、曲をぶった切る感じに終わるのもホントかっこよかった!
      幕が降りてからもしばらく動けませんでいたわ…あ〜、ほんと、マーチ!だけでいいからあと10回見たい!


      というわけで、1幕の感想終わり♪(長ぇよ!)
      2幕は後日〜☆
      誰も待ってなくても書きます!


      JUGEMテーマ:今井翼
       

      PZ'12 滝様ご観劇記

      0
        あなたの心のブギウギ少女・栄枯です☆
        毎日暑いですね!
        そんな暑い中、ボチボチ登山しております。青山という美青年の棲む山にね☆

        そんな中、PZに〜、総長が〜、く〜る〜!!
        ということで、昨日のプレゾンはたきざーさんご観劇でした!!
        まさかまさかのたきざーさんご観劇の日に入れるなんてっ!なんたるラッキー業務!
        鼻息荒く観劇させて頂きましたYO☆

        もう、翼きゅんがほんっとにテンション高くて、ニッコニコで嬉しそうでね〜!それを双眼鏡で見ながらでれでれしちゃうってもんですよ、ワタクシ(笑)
        どうやら、プレゾン前は二人でお仕事だったようで・・・同伴出勤かよ!クゥ〜ッ!!(過剰反応です)
        たきざーさんは帽子も被らず金髪丸出しで現れて、客席阿鼻叫喚でした。
        客席の心が一つになったよね。「やっと来た!!」って☆
        たきざーさんがお席に座る様子をカメラが捉えていたので、DVDの特典映像が楽しみですね!
        早よ出して!(←まだ公演中)

        そんなたきざーさんを、『ハンター』でハケる時に満面の笑みを浮かべながら確認した翼きゅん、強烈にかわゆかったですわ〜vvv
        てか、あんなにニッコリ笑ってる翼きゅん、PZ中で初めてみたYO(笑)
        そして、『ヨイショ』でたきざーさんのお面を後頭部につけて後ろ向きで登場☆
        さらに、お面を外してお面の唇にチュー☆
        さらにさらに、たきざーさんにそのお面を手渡し、握手してました☆
        この時の翼きゅんもめちゃくちゃ嬉しそうで、激かわえかったわ〜☆

        つばにゃん&えだにゃんのコーナーでは、猫耳つけて黒猫の着ぐるみ着たつばにゃんが「助けて、滝レンジャー!」と叫び、これ、たきざーさんがいない時でもたまに言ってるみたいなんですが、昨日ははご本人がいたため、さらに客席が沸きました♪
        で「滝レンジャーの声が聞こえないよ〜」(←激かわええ)と寂しそうにつばにゃんが言うと、たきざーさんが劇場中に響く声で「つばさーーーーー!!!」と絶叫。ぎゃー!!阿吽の呼吸!最高!!

        さらにカテコで、「今日はぼくの愛するパートナーである、たきざーが来てくれています」と、たきざーさんをステージ上に呼び込む翼きゅん。
        たきざーさんは翼きゅんに手渡されたお面を付けて登場し、翼きゅん側の手にお面、反対側の手にマイク(←コッシーが自分のをさっと手渡したそうで・・・コッシーできる子!!)を持っていたため、翼きゅんがすぐさまたきざーさんと手を繋ごうとしたのに、繋げず(爆)
        翼きゅんの手が空振ったのを見て悶絶しておりました。翼きゅん、かわいすぎるだろそれ・・・!!

        で、たきざーさんがツアー中だっていう告知と「滝翼はこれから9/11にアルバム発売も控えていて、屋良っちに振付けてもらいます!!」とハイテンションで結構重大な発表をする翼きゅん(笑)
        屋良っち振り付けですと・・・!!がっつり踊るってことね!今から楽しみすぎて気絶!
        で、そのまま締めようとしかかったところに「9/8,9には東京ドームイベントもありますからね」とさり気なく告知フォローするたきざーさん。さすがです☆

        で、「じゃあ、最後は総長に締めてもらいましょう!」と中腰になる翼きゅん。この座長自由すぎる!!滝沢総長が締めるの?
        で、すぐさま中腰になる、ふぉーゆー&They武道&MAD(←できる子たち!)
        状況が飲み込めないままなんとなく中腰になる、Travis Japanの子たち(笑)
        そして、半歩下がって立ってるアツヒロくん(笑)
        「じゃあ、お前ら・・・っていうか、いいの?俺が締めちゃって?」と、我に返るたきざーさん(笑)
        そんなたきざーさんに「やってしまいなさい!」と言って中腰になるアツヒロくん(笑)

        というわけで、滝沢総長は「お前ら、千秋楽まで楽しくいこうぜ!!」みたいなことを仰ってました。
        正直、舞い上がってて、何を言ったかはよく覚えてないよね←

        で、全員で後ろに下がる時に、たきざーさんのお面を持ってる手を無理矢理繋いで、反対側の優馬の手も繋いで満面の笑みでノリノリでフィナーレを迎える翼きゅんなのでした☆
        安定のラブラブぶり、マジでご馳走様!!お陰で終演後の酒がすすんだっつーの!
        翼きゅんが本当に嬉しそうで、ワタクシも本当に嬉しかったです♪

        あと、たきざーさん関連で言うと、屋良っちが客席でアツヒロくんのローラースケートを探すコーナーで、屋良っちに「アツヒロくんのローラー知らない?」って聞かれたたきざーさん、自分の履いてたブーツを脱いで屋良っちに手渡してました(笑)
        しかも、「これ、いる人ー!」って客席に聞く屋良っち(笑)
        「はーい!」ってめっちゃ客の手が上がり、たきざーさんが慌てて屋良っちに突っ込んで返してもらってましたけど(笑)
        さすが、たきざーさんはサービス精神が旺盛ですね☆

        あと、このコーナー、最後に江田ちゃんが紫バスローブで登場して「ローラー、あったって」ってぼそって呟くんですが、この日はマイクが壊れてて江田ちゃんの声が聞こえず!
        「どうしたどうした!」「じゃあ、もう一回やる?」と言いながら、辰巳が袖から出てきて「ローラー、あったって」と江田ちゃんの真似して言ってガッツリ笑いを取ってました。この流れが全然慌てず騒がずで、ふぉーゆー、さすがすぎる!と思いましたわ。

        そんなこんなで、大興奮のうちに昨日のプレゾンは幕を下ろしたのでした。
        はー、ええもん見た!
        今年のプレゾン観てない方にはなんのこっちゃな内容でスマン!って感じですが、この喜びを忘れる前に書いておきたくて!

        というわけで、来週も楽しみで〜す♪

        *****
        拍手ありがとうございます☆

        >Mさん
        コメントありがとうございます〜!
        なるほど、そういう捉え方もありますね。
        ワタクシはコンサは自分が入った回でも全然嬉しいんですが、ワク学はトークが違ったりするっぽいので、自分が入ってない回の様子が見たいなぁ…と思ったんです〜。贅沢ですね、アハ☆
        さ、三時間目以降は青山登山が終わったらアップしますっ…!

        >Mさん
        ありがとうございます!
        最近、サボり気味ですが見に来て下さってありがとうございますm(__)m





        JUGEMテーマ:タッキー&翼
        JUGEMテーマ:今井翼
        JUGEMテーマ:滝沢秀明

         


        PLAY ZONE '11 SONG & DANC'N 7月23日 18:30 2幕

        0
           こんばんは。
          あなたの心のguys・栄枯です☆
          血沸き肉躍るプレゾン'11の観劇から2日。未だに夢心地です。
          給料泥棒と言われても今週一杯は反論できません(そんなに引き摺るの?)

          そんなプレゾン'11 SONG&DANC'N。
          昨日、長々と書き続けて思いました。
          1回の観劇しただけで曲を追いながら感想書くの、ムリ!
          しかも、2幕目なんて、ますますテンション上がっちゃって、目が☆になったり、ハートになったり、¥になったり(←?)してたので、ますます文章がとっ散らかる自信があるもんね〜!

          というわけで、全てをスッパリ諦めて、グハッと思った部分を重点的に書きます。
          しかも、実際の演目と順番が前後するかもね☆
          もはや、何のために書くのかさえ不明。でも書くんだど!

          2幕目の冒頭は『Road to Play zone』。
          翼キュンがプレゾン初座長を務めた、記念すべき去年のプレゾンのテーマ曲ですね!
          「そうそう、そういう曲だった!カッコエエ!・・・ていうか、DVD買ったのに(また)開けてない!だってストーリーが・・・ブツブツ・・・ていうか、シングルも買ったつもりになってたけど、買ってない!」
          と頭の中を瞬時に色んな思いが駆け巡りましたが、センターで歌う翼きゅんに瞬時に心を奪われ、雑念は霧散しました。
          この衣装、Jr.くん達はプレゾンの物販にもなっているTシャツかタンクトップと白パンを着てるんですが、翼きゅんだけ、白Tの上に、物販Tシャツと同じプリントが背中に入ってる白い長袖シャツを羽織って着用。
          NO〜!翼きゅんもTシャツ&白パン姿着て欲しかった〜!
          ていうか、腰のくびれのラインが見たかった〜!(変態発言すまそ)

          これだけじゃなくて、基本的にJr.くん達が着てるTシャツとかシャツとかの上に、翼きゅんは常にもう一枚羽織ったり着たりしてて、それだけがこの舞台を通しての唯一の不満点でした。
          そりゃ、センターだから他の出演者より豪華にっていうショーの鉄則があるのはわかりますよ!
          でも、じゃあなんのために翼きゅんは体を絞ったの?(少なくとも、脱ぐためでは無いと思われ)
          限りなくシャープなボディラインが見える衣装が1着・・・いや、2、3着・・・いや、5着くらいあったってええじゃないか!

          衣装だけじゃなく、翼きゅんはポジション的にも躍動感のあるJr.くん達を束ねる感じの落ち着いた感じが多くて、いや、ステキなんですけど!!己の鼻血の勢いで成層圏を突破できますけど!
          ww08の『EDGE』のドラムパフォーマンスみたいに、大将自ら斬り込んでいく、みたいなのがあってもよかったんじゃないかぬゎ〜と思ったりしました。
          ま、それでも去年の月影先生(@ガラスの仮面)みたいな役どころの100万倍納得いきましたけどね☆

          そんな『Road to play zone』(どんな?)の次はA.B.C.-Zの『A.B.C.-Z』。
          そのまんまな曲のタイトルですね・・・というツッコミを吹っ飛ばすかのようなA.B.C.Zの身体能力を見せ付けられて、完敗。
          これからも、舞台やコンサなど頑張ってね!と思いつつ、翼きゅんも・・・タキツバもよろしくお願いします、と思った次第です。
          あと、客席の曲に合わせての「A.B.C.-Z!」コールに乗り遅れた感を覚えてみたり(笑)
          やっぱり、相互コミュニケーションがある舞台は幕が開いてから2週間も経つと色々出来上がってるんですね。
          で、この時の衣装、途中で電飾が点灯し、「まさかのマジカルソング!ヒャ〜!」と思ったり、思わなかったり。
          歌い終わった後に、A.B.C.-Zメンは奈落に勢いよく飛び込み、曲が終了。
          いや〜、いいもの見たわ〜!と思ったんですが、この曲以降、河合くんが舞台に登場することはありませんでした・・・。
          未だ事情は不明ですが、この曲で負傷されたんでしょうか・・・?
          河合くんの躍動感に溢れるダンス、好きなので、お早い復帰を願っております。

          で、2幕目は曲の合間合間に過去のプレゾン映像が流れ、第一弾の映像は少年隊の皆様がニューヨークに飛んでダンスレッスンを受ける映像なんかもあって、3人ともめっちゃくっちゃ若くて懐かしさ満点でしたわ〜☆
          やっぱりニッキはカッコエエのう。(しみじみ)
          で、翼きゅんの「このとき、僕は5歳でした」という悩殺ボイスなアナウンスに乗せて翼きゅんの幼少期のお写真が登場。
          ギャー!かわええ!あのお写真がグッズのフォトセットに入るのはいつですか?(←何でも買おうとしないの!)
          そんな感じで、プレゾンの歴史をざっと振り返りながら、その年に生まれた出演メンバーの幼少期の写真とともに本人たちのナレーションが入るというコーナーが合間合間に挟まれました。
          なかなか好企画でしたわ☆
          しかし、この時、ビジョンにバーンと「2011」と大きい文字が出て、カウンターが逆回転していく映像が流れたので、思わず『滝沢革命』を思い出し、ヒィツ!と肩が揺れたんですが、滝沢革命ほどトンデモな展開にならず、よかったよかった。

          そして、『約束の場所』で、水色の総ラメのジャケットを着た翼きゅんがJr.くん達を引き連れて客席に登場。
          つっ、つっ、つば・・・さ・・・(バタリ)
          と、興奮のあまり白目を剥きそうになる自分を叱咤しながらガン見させていただきました。
          ワタクシ、マッチさんの斜め後ろのブロック辺りで見てたんですが、翼きゅんは客席の真ん中の通路正面にいるマッチさんの目の前で、マッチさん(と徹子)に向かって歌ってる姿がよ〜く見えてラッキーでございました☆
          あんな近くで翼きゅん見たら、人間がダメになるよ!本望だけど!
          一方、Jr.くんたちは、客席からピックアップした客と組んで通路でダンスをするという、客席大騒ぎな斬新な構成でした。すごいな〜。

          と息も絶え絶えのところに、屋良くん率いるThey武道のとにかく踊りまくる『一夜の夢』。
          前曲と打って変わった曲調で、メリハリがついてよかったです。
          そして、ガンガン躍りまくる5人が最終的にシャツを脱ぎ捨て、上半身裸に。
          皆さん、めっちゃ筋肉がキレーに付いてて、彫刻のようでしたわ〜。
          いいなぁ〜、翼も一肌脱いで欲しい(変態発言)と、思わず羨望の眼差しを送ってみたり。

          あと、ふぉーゆーのコーナーは、辰巳くんがネックレスを落としちゃったので、終演後の劇場に戻ってきて探す、という設定で、ミニコントを見せてくれました。
          これがめっちゃキュートでね〜!
          福ちゃん「辰巳の!」コッシー「ネックレスを!」松崎「探す〜!」
          って何回も全力で叫んでて、超かわえかったです。
          で、屋良くんとThey武道が脱いでいった衣装や巻物やベルトなどを使って一芸みたいのを披露してました。
          最終的に「ネックレス、マッチさんに買ってもらったらいいんじゃない?」という、恐れ多い提案も飛び出し、辰巳が「もうネックレスは諦めるよ!それより大切なみんなの優しさがわかってよかった☆」的なことを言ってコント終了してました。

          そして、『最後の朝』。
          翼きゅんのソロなんですが・・・翼が・・・翼が・・・赤いソファーに座って登場〜!!!
          瞬間、ワタクシ、目をくわっと見開いて瞳孔まで開くかと思いました☆
          翼きゅんにとってのイスって、最強な兵器ですから〜!!(過剰反応です)
          でも、(勝手な)予想に反してイスを思う存分使ったシェクシーなダンスではなく、しっとり歌い上げるバラードでございました。
          もし、あの長い足を組んで座った状態で登場してくれてたら、生きて帰れなかったことでしょう。危ない危ない。

          そしてそして『Guys PLAYZONE』!!
          これ、ほんとにほんとにカッコ良かった!!!!
          いや、衣装なんて白T(もしくはタンクトップ)にグレー(シルバー?)のジャージなんですけどね。
          ジャニーズマンションの骨組みだけ、みたいなセットに出演者全員(たぶん)が登場して、客を煽りながら歌い躍るわけですよ。
          また、この時の翼きゅんの歌がカッケーの!!
          しかも、回転する骨組みセットを中を歩きながら、常に正面を向いて歌う様もカッケー!!

          そして、充実感に包まれる中(見てるこっちは何もしてないのに)、全員が白タキシードで登場。『明日に向かって』。
          いや〜、こんな美青年達が白タキシード着てると、ホントに圧巻ですなぁ〜ムフフと、思わず鼻息出してたら、翼きゅんが

          「まことに残念なことに、本日は舞台装置の不具合により、この後の大階段のセットを出すことが出来ません」

          とな!
          客席からは「え〜!」と言う声がチラホラ聞こえました。
          ま、ワタクシは「え〜!言わなきゃわかんないのに!」って思っちゃいましたけどね。(モラルZERO)
          ま、何回も来てる人とか、パンフ見た人にはすぐわかっちゃいますけどね。
          と、多少もやもやしていたところ、

          「というわけで、皆さんともう一度『Guys PLAYZONE』を歌いたいと思います」

          とな!
          瞬時に「キャー!!」と盛り上がる客席。
          自分も含めて現金ですな。
          白タキシードで全員が舞台際まで来てくれて歌う『Guys PLAYZONE』盛り上がりました〜!
          ワタクシは、初見だったので、何の違和感も無かったし、2回も『Guys〜』見られて最高!と思いました。

          で、そのまま終了かしら・・・と思ってたら、マッチさんが客席からステージ上に登場!
          マッチさんが
          「翼も、先輩から歴史あるプレゾンを受け継いで・・・」
          と、ちょっといいコメントをしてくれそうな流れで
          「俺、この髪型で大丈夫?ステージ上がるなんて思ってなかったから、半パンで来ちゃったけど!」
          と、すかさず話を逸らして、笑わせていただきました。
          慌てて「大丈夫です!大丈夫です!」とフォローする翼きゅん。
          そして、「あの・・・続きを・・・」とコメントの続きを遠慮がちに促す姿もめちゃキュートでしたvvv
          お言葉の一字一句は覚えてませんが、
          「プレッシャーのかかる中、よく頑張ってますね。これからも末永くプレゾンをよろしくお願いします」
          というような内容でした。

          マッチさんと翼きゅんといえば、今年の翼ソロ魂で、マッチさんが相当翼きゅんのことを気に掛けて心配してくれてると知り、密かに「よっしゃ!」と拳握り締めたメモリーがありまして、それ以来、マッチさんには足を向けて寝られないね、と思ってる次第なワケですよ。
          (ま、マッチさん宅がウチから見てどの方向にあるのかは知りませんが)
          そんなマッチさんが
          「せっかくここまで来たら、歌わないわけには行かないでしょう」
          と言って下さり、本編でも翼きゅんがめちゃくちゃシェクシーに歌い上げた『ギンギラギンにさりげなく』をマッチ&翼で歌うことに!
          ギャー!J Rock以来の夢の競演ですわ〜!
          できれば、『ミッドナイトシャッフル』と『アンダルシア』も見たかった!(贅沢言っちゃいけません!)

          イントロの間に、マッチさんと打ち合わせをして、うんうん、と頷いた翼きゅん、思いっきり歌い出しをフライングして、すいません!みたいな感じに小さく何回か頭を下げてて激キューとでしたvvv
          結局、マッチさんが1番のソロを担当し、サビは二人、2番のソロは翼きゅんという担当になり、落ち着いて見えたけど、翼きゅん、結構テンパってたのかな・・・と後から思いました。
          ハプニングにも負けずに演り切った座長&出演者の皆様、最高にカッコ良かったですよ!

          あと、本編の『ギンギラギン』のバックについてないThey武道が最初は見よう見真似で「あれっ?」「こう?」「こっちか?」って感じにバックダンスを踊ってたのに、最終的にちゃんと躍れるようになっていたのに感動しました。
          スゲー!ほんとにスゲー!
          あと、翼きゅんの斜め後ろで躍ってる辰巳くんが笑顔全開でステキングでした☆
          そして、骨組みセットの上で、バックダンスをコピーすることを途中で諦めたA.B.C.-Zメンもかわえかったです。
          ・・・河合くんがいなくて、なんとも言えない気持ちになりましたけれども・・・。
          ちゃんと養生して、復帰してくださる日をお待ちしてます!

          というわけで、イケメンの桃源郷のような2時間が、あっっっ!!!と言う間に終了いたしました。
          やだ〜!帰りたくない〜!ここの家(青劇)の子になる〜!
          もしくは、オペラ座の怪人的に青劇の地下に池作って住む〜!
          と、自分が全く分別をわきまえない言動をしかねないうちに青劇を後にしました。

          これは家でもじっくり楽しみたいわ〜。
          DVD発売が待ちきれないので、とりあえずサントラを買うことにします☆
          ついでにww08も映像化してほしい・・・(どさくさ)


          *****
          拍手ありがとうございます☆

          >翼ふぁんの方
          ようこそ〜!ワタクシのしっちゃかめっちゃかな感想、お楽しみいただけたようで嬉しいです♪
          2幕目も書いてみましたので、よかったらまたいらして下さいね〜!


          JUGEMテーマ:今井翼
          JUGEMテーマ:ジャニーズ

          PLAY ZONE '11 SONG & DANC'N 7月23日 18:30

          0
            こんばんは。
            あなたの心にさりげなく・栄枯です☆

            改めまして、行ってきたど〜!!
            プレゾン2011 SONG&DANC'Nに!!

            余談ですけど、今回のサブタイトル『SONG & DANC'N』について、ワタクシ、つい最近まで『SONG & DANCIN'』だと思ってたんですよね。
            dancingの省略形だと思ってたワケですよ。それが、よくよくチケを眺めてみたら『DANC'N』になっとるじゃないですか。ってことは、dance&の省略形ってこと?
            つまり、ソングとダンスとイケメンと悩殺と桃源郷の略ってことでOK?と思いながら青劇に向かいました。
            500%余談ですみません。

            そんな、ソングとダンスの祭典ことプレゾン2011。
            今回は持って行った鞄に対する挑戦状か?と思わされるくらい巨大なパンフ片手に書いていこうと思います。気のせいじゃなければ、B4サイズ。見開きでB3サイズです。
            でも、その大きさ、無駄じゃない!だって、写真も大きいし、曲のタイトル全部書いてあるし、タイトルだけじゃなくて、歌詞まで全部掲載されてますからね!ヒャッホ〜!

            ちなみに、昨日も書きましたが、マッチさんと黒柳徹子が来場されました。
            マッチさんは、着席する前に湧き返る客席に向かって両腕を挙げて手を振ってくださいました。
            ありがたや〜(−人−)

            というわけで、

            1. overture
            ありとあらゆる通路の出入り口から、出演者Jr.くん達が登場。
            目の前を屋良くんがっ!塚ちゃんがっ!山亮くんがっ!松崎が!フガフガ!と大興奮していると、とうとう翼きゅんのシルエットがステージ上に登場し、失神寸前に。
            のっけから彼岸と此岸を行ったり来たりさせられて、わしゃイタコか!みたいな。
            いやいや、彼岸に行ってる暇なんかないし!と我に返ってステージ上の翼きゅんをガン見させて頂きました。
            チラっと小耳にはさんではいましたが、これは去年とは様子が違うゾエ!!と震えるワタクシ。

            2.イマジン
            翼きゅんとふぉーゆーのソング&ダンス・・・最高過ぎますね(涙)
            ウットリしすぎて、舞台に向かって素で手を合わせておりましたよ。コワッ!

            ここで、サラリーマン姿のA.B.C.-Z登場。
            「新入社員て大変だよ」という設定のよう。
            坊主頭のトッツーが「坊主頭でも顔が整ってるからいいよな!」と河合くんに言われてました(笑)
            その河合くんは「馬面!」とか言われてました。
            ここでワタクシ的にめっちゃ面白かったのが五関くん。
            「クレーム係だからさ、毎日電話でクレーム聞かされて、無になることができるようになったよ」とか淡々と語るのがスゲー面白かったです。
            と思ったら、「みんな〜!久しぶり〜!」と、ブリーフケースをリュックのように背負って(爆笑)、塚ちゃん登場。どうやら、熱血空回りキャラの役回りのようです・・・って去年もそうだったと思うんですけど・・・塚ちゃんって素でもそいういうキャラなんですか?
            で、ハッシーが「もう会社辞めようと思うんだ」と辞表を取り出すと、塚ちゃんがそれを奪い取り、
            「この辞表は塚ちゃんが預かっておく!!」
            とめっちゃデカイ声で言って全員にスルーされてるのとか、ホント腹イテーと思うくらい笑わせていただきました。
            そんな塚ちゃんが広げた辞表から次の曲の曲名が出てきて、『チャージ』へ。

            3.チャージ
            屋良くんカッケー!!
            山亮くんと高橋竜くんのシンメは身長差があり過ぎて、ちょっと不思議な感じもしなくもなかったですが、ガシガシ踊るめちゃカッコイイ曲でした。
            ていうか、全編ガシガシ踊ってますがね。

            4.ギンギラギンにさりげなく
            最・・・高・・・バタリ
            おっとイカンイカン。4曲目にして絶命するところでしたわ。
            マタドール風衣装の翼きゅんとふぉーゆー、MAD、若い子たち(←雑)で、ビシっと踊るんですよ〜!
            それはそれはビシっと踊るんだYO〜!
            「♪ギンギラギンにさりげなく〜」でパッと左腕を上げるんですけど、んも〜〜〜〜!この翼きゅんの立ち姿、美しすぎでしょ!いや、むしろウツクシストでしょ!
            翼きゅんのお色気爆弾、強烈すぎますた。
            しかも、正面でマッチさんが見て下さってる中での『ギンギラギン』ってことで、さらに盛り上がりましたわ〜。ワタクシの気持ちが。

            5.硝子の少年/がらすの・魔法
            ギンギラギンの時もだったんですが、この曲でもイントロでご本人が歌う過去映像が流れるんですけど、ついバックで踊る嵐メンやタキツバがいないかと目を皿のようにした瞬間(←習性)で映像が切れました。ていうか、過去映像流れたの、ものの3秒くらいだったんですけど・・・あれって不具合ですか?8/2に再見する時に確認しようと思います。
            唄は優馬とハッシー。自分が歌っていない時に二人ともそれぞれ棒立ち気味だったのが気になりました。素敵な立ち方ができる先輩たちがいっぱい出てるので、学んでね。余計なお世話ですね。(セルフツッコミしといた)
            「がらすの・魔法」は舞台上に優馬一人。
            ・・・優馬さんって、お歌はお上手なんですね〜と初めて認識しました。
            正直、ちょっと長すぎだと思ったYO

            6.$10
            な〜つ〜か〜C〜!!
            スマ様の当時の映像もバンバン流れて、懐かしさMAX!と思ったのも束の間、屋良くん+ふぉーゆー+MAD、A.B.C.Z+They武道のダンスバトルに展開。
            これが、もうレベルがハンパ無く高くて、めっちゃ見応えありましたっていうか、どこ見たらいいのか悩むくらい全員踊りまくりで素晴らしかったです!
            ここで、江田ちゃんと松本幸大くんが大人っぽくなったね〜!!と驚くとともにしみじみしました。
            そして、加藤くんの美しさに磨きがかかっててステキ!と思いましたわ。

            7.出逢える日まで
            トッツーと塚ちゃんがメインで歌う曲。
            詳細はあまり覚えてないけど(←雑)、良い曲だと思った覚えがあります。

            8.カンペキ!
            河合くんと五関くんがメインで歌う曲。
            ガシガシ踊ってた印象が・・・前の曲と合わせて、8/2に再確認したいところです。

            9.マーチ!
            あ〜〜〜〜〜〜!来ましたよ!軍服!
            誰がなんと言おうと、翼きゅんの軍服は最高です・・・☆+*;。・
            しかも、この衣装の色がオレンジ&黒なんですよね。むか〜し昔に見た星組(宝塚)の名作レビュー『ジュビレーション!』を髣髴とさせる・・・って言っても誰も分からないので、このくらいにしときます。
            それはさておき、翼きゅんは黒のロングジャケットで、これまた似合う〜!
            これだけビシっと揃う群舞を見ると、気持がスカっとしますね!
            もちろん、同時にウットリしまくりですけどね!
            途中、Jr.くんたちに後ろを向かせて、夜光塗料で衣装の背中に描かれた『LOVE&PEACE』に無理矢理感を覚えなくもありませんでしたけど、とにかく群舞と中央の翼きゅんが最強にカッコよかったので、最高でした!!

            10.ユメゴコチ
            ふぉーゆーとThey武道で、ちょっとしたマジック的なものを披露しつつ、踊る曲。
            これも次回、じっくり見たいですわ。

            11.光
            これも最高〜!
            ていうか、翼きゅんが出てる曲は全部最高!って言ってる気が。いや、実際最高だったので、仕方ないですよね☆
            黒い衣装のJr.くんたち全員のダンスがカッコええわ〜!と思ってたら、ゴールドの人(翼きゅん)がせりに登場した瞬間に、せりの上に目が釘付けに。
            Jr.くん達も観たい!けど、アカン!
            翼きゅんがゴールドすぎる!(←?)
            ゴールド眩しい〜!と思ってる間に幕が下りました。

            あっぶね〜、失神するところだったYO。
            続きはまた明日以降ということで。。。

            この後、色々巻き起こったので、ちょっと記憶が定かでない部分もありますが(どころじゃなく多い)、ほんとに見応えありました。

            翼きゅんは、テレビでスペイン語の時より更に痩せていて、頬が・・・頬がコケちゃってました(涙)
            あんなに頬がコケちゃってたのは、WW08以来かも・・・。
            でも、それほど体を絞って作ってきてくれただけあって、ほんっとに素晴らしかったです!

            あ〜、やっぱりチケ申込もっとすべきでした。
            己に我慢を強いた自分を恨むわっ!


            *****
            拍手ありがとうございます☆



            JUGEMテーマ:今井翼
            JUGEMテーマ:ジャニーズ
             

            またガブリエルで脱魂

            0
              本日もガブリエル・シャネルを観てきたど〜!!

              今日のアーサー翼きゅんもパーフェクトにステキでしたvvv
              口から泡吹く寸前状態でガン見いたしましたvvv

              同行者が口を揃えて、あんな耳元で翼きゅんに囁かれて平然としてる大地真央さんがすご過ぎると言っててウケましたわ☆

              さて、そんなワタクシは明日からちょっくら高飛びします。
              そして、帰ってきたその日に、またガブリエル観ます。
              我ながらアホみたいなスケジュールですが、元気に行ってきま〜す!

              ガブリエルで脱魂

              0
                2年振りにガブリエル観てきたど〜!!

                男ぶり&大人の魅力が増したアーサー翼きゅんに撃ち抜かれ過ぎて脳味噌が穴だらけです。グハッ!

                あ〜、アカンわ〜。
                あの色気は次元を超えてるわ〜。
                首元まできっちりボタン嵌ってるのに、お色気ダダ漏れってどういうことなんでしょう?

                という楽しみ方は置いといたとしても、大地真央さんはさすが大女優!でらっしゃるし、舞台としてのクオリティが高いので、力一杯オススメします。




                嵐ちゃまの夏については明日ゆっくり考えよっと…

                舞台『ガブリエル・シャネル』

                0
                  そんなこんなで、7/11と13の二日間をかけて、新橋演舞城・・・いや、演舞場に身も心も注いで来ました〜☆

                  翼きゅんの晴れの外部作品参加一作目、舞台『ガブリエル・シャネル』を観にっ!!
                  1日空けただけで2日ともマチソワって、ワシャ舞台丸ごと暗記する気か?と思ったり思わなかったりもしつつ、お陰様で頭の中はガブリエルで一杯。
                  いや、正式には、アーサー・カペル(翼きゅんの役名)で一杯。幸せ一杯。ご飯もう一杯ください。

                  あ、そうそう、舞台の感想に入る前に…あの〜、昨日のソワレで、カーテンコールの際に翼コールをしたお嬢さん方がいらっしゃいましたけど…あれ、絶対やっちゃダメだと思いますよ。
                  あくまでも真央さん主演の舞台なのでね。
                  ヅカファンの方々は、劇場内でコール等しちゃいけないって厳しく言われて生きてきたのに、かたや共演者のファンが野放しに「ツバサー!!」とか言ってたらいい気しないと思うのね。
                  観劇マナーがない人、わからない人は外部の舞台見ちゃイカンよとつくづく思う今日この頃でした。


                  というわけで、今夜はガブリエルを語るど〜!
                  (以下、ネタバレしっぱなしで〜す☆)

                  まずね、緞帳が豪華(紺地にゴールドの幾何学模様)で、「ほえ〜、やっぱりシャネルを題材にするとゴージャスになるんだわな〜」と感心。
                  そして、幕が開くとど〜んと現れる豪華なセットに圧倒されました。
                  スイスのホテルが舞台なんですが、舞台中央から上手側に階段がカーブを描いて伸びており、天井からはシャンデリア、中央に長椅子。そこに気だるげに身を投げているガブリエルっていうか、大地真央。
                  ご、ご、豪華すぎる…!これは夢?いや、どうやら現実らしいですよ!
                  後からパンフ読んだら舞台美術が妹尾河童さんだということがわかり、納得しましたわ〜。

                  そしてそして、舞台下手の窓辺に佇むシルエット…あれは翼きゅんっていうか、アーサー・カペル(の亡霊)じゃないのっ!?
                  しかも、乗馬服着てるYO〜!ヒィ〜!(興奮のあまり、舞台開始3分にして失神と覚醒を繰り返す←早いな〜)
                  しかも、台詞を喋る声が普段と違って低めで声が通ってる、THE舞台声vvv
                  普段の吐息交じりの喋り声も大好物ですが、舞台声もいいね!
                  やっぱり「サ行」は苦手っぽいけど、カツゼツがめっちゃよくなってて惚れ直しました。

                  そしてやっぱり大地真央。
                  この1場面だけで凄いわ〜と思いました。
                  アーサー(亡霊)相手に憔悴しきってる喋り方と、ホテルの人とか小説家(葛山信吾)に対する威圧的な喋り方が全っ然違う。
                  スッゲー!全身全霊アーサー翼に持って行かれ掛けた所を、やっぱりこれは真央さんの舞台なんだとガッツリ認識させられました。

                  そうそ、翼きゅん演ずるアーサー.カペルね、途中で死んじゃう役なんですよね。
                  なので、見るまでは「舞台の途中で死→それ以降出番なし」な可能性高いな〜。
                  なんだか、WSSのリフが1幕目で死んじゃって、2幕目は亡霊の騎馬戦みたいなシーンだけだったっていう思い出が蘇ってきてみたり。
                  2幕目が始まっていきなり、「アーサー・カペルは死んだ」の一言で片付けられちゃった時には、歌舞伎みたいに一幕見とかないんでしょうかね〜、立ち見でいいからさ、とかうっすら思ったんですが、心配無用でした。
                  アーサーったら、亡霊になって2幕目も現れるんだもんね〜。よかった〜☆

                  ま、それはさておき最初の場面で亡霊アーサーがガラス戸から姿を消してから、しばらく出番が無いので、純粋に舞台を楽しませていただきました。

                  とにかく、今回の出演者は歌のレベルが高いですね〜!
                  大勢で歌うときの厚みとハーモニーにウットリしちゃいましたわ。
                  1回目見たときは、歌詞にちょっと度肝を抜かれた「♪にじゅっせいき(20世紀)、にじゅっせいき」ていう歌も、慣れたら超名曲だわ〜とか思ってみたり。

                  大地真央はガブリエルの子供時代(笑いの要素大)から老年期まで見事に演じ分けていて、貫禄がある上にめっちゃ美しく、かつキュートで、めっちゃ小顔で、改めて凄さを思い知りましたわ。
                  あの細い体のどこにあのパワフルな芝居をする力を秘めてるんでしょうか。スゲーわ。
                  脇を固める彩輝なおも華城季帆も元宝塚の出身で、舞台運びも演出もどことなく宝塚っぽい香りがしましたが、安定した実力を持ってる方々がガッチリ固めてるので、安定感がありましたね。
                  ハラハラしないっていうか、途中で我に返らされないっていうかね。(←どんな基準?)

                  そして、特筆すべきは高橋恵子!
                  すごい〜!カッコよすぎる〜!
                  今回、初挑戦だというシャンソンを披露されてましたが、大人の色気たっぷりで、めちゃカッコよかったし、有閑マダム役の時はめちゃ退廃的で刺激が大好きな感じが出まくってたし、テレビで見る印象の100倍素敵でした。
                  スマイル40のCMとかしてる場合じゃないよ〜、ホント!

                  驚いたのはジェームス小野田。
                  声がめっちゃいい!!
                  喋り声も歌声もめっちゃいい声で、表情もさすがで、こんなに本格舞台もこなすとは!
                  認識不足でしたわ〜。

                  あと、葛山信吾も、以前の面影が薄れるほど太り…いや、恰幅よくなってましたが、よく通る声で、語り部役として舞台を回していて、上手いな〜と思いました。

                  そんな豪華実力派俳優陣と稽古して、競演している翼きゅん…本人も「283」に書いてましたが、ほんっとにいい経験してますね!
                  舞台人として物凄いステップアップになるわ〜、この舞台。
                  めっちゃ悩んで、めっちゃ鍛えられたのが伝わってくるもん。
                  ホント、翼きゅんを抜擢してくれてありがとう!真央さん!って、心の中で拝み倒しました。

                  そんなベテラン俳優人の演ずるクセのあるキャラクターの中で、翼きゅん演じるイギリス人青年実業家、アーサー・カペルはものすっごく爽やか〜な早春の風って感じで、ほんとにほんとにほんとにほんとに…ライオ(以下略)…素敵すぎたんじゃ〜!
                  出演シーンの半分くらいは亡霊だし、最初はガブリエルにパトロン兼彼氏がいたから、人の話を横で聞いてるのが多かったんですが、聞きながらちょっと驚いた表情をしたり、ガブリエルが強気な発言をするのを聞いて微かに笑顔になったりしてるのがね〜、も〜ね〜、たまらんね!

                  そして、喋ったら喋ったで、低めのええ声でね。
                  「素敵ですよ」
                  「とってもチャーミングだ」
                  って、あなた自身が素敵でチャーミングなんじゃ〜!!みたいな?
                  「ありえない!」
                  って、そのカッコよさこそがありえないんじゃ〜!!みたいな。
                  絵に描いたような伊達男っぷりに能生直撃されましたわ〜。
                  しかも、ガブリエルが初めて出した帽子の店のシーンの衣装が、ピンストライプのチャコールグレーの三つ揃え。そこに懐中時計の鎖がチラリ。
                  ヒィ〜!カッコイイ〜!
                  あのピッタリしたスーツにチラリする鎖がたまらんな。(ワタクシが書くとなんで変態チックになってしまうんでしょうか…)

                  そして、爽やかな風貌に似合わず、友人の彼女をサラっと奪い取り、ポーンとガブリエルのお店に出資。
                  さすが、青年実業家はやることが豪快かつギラついてますね☆(←コラ!)
                  そんな豪腕アーサー・カペルとガブリエルの最大の見せ場が1幕目の終盤の海辺のデュエット&キッススィ〜ンなワケですが、このデュエットがね〜。
                  翼きゅんから歌いだすんですが、ワタクシが見た1回目は結構歌声がガッチガチで「だ、だ、大丈夫かいな?」と心拍数が上がったんですが、次からは大変落ち着いていて、別の意味で心拍数が上がりました。
                  「キャッ!素敵☆」ってね(←可哀想)

                  しかしね〜、しかしですよ。
                  どうも、真央さんと翼きゅんのピッチが合わないみたいでね〜。
                  どうにもハモらないのが残念でした。
                  しかも、真央さんはガブリエルの若かりし頃の設定だけに、わざと若い声を出して歌っているらしく、落ち着いてる翼きゅんの声のトーンとも微妙に合わないんですよね。むむむ。
                  だって、それぞれのソロはめっちゃ良かったんだもん!
                  それだけに、デュエットが「あれ…???」な感じなのが却って際立っちゃった感じがしました。
                  公演数をこなしていくごとにこなれてくることを期待しますわ、とか思いつつ。
                  オメー、何様?というツッコミに対しては、何様でもございませんので答えようがないな、とも思いつつ。

                  そこに間男アーサーに彼女を掠め取られたエティエンヌが登場。
                  「俺の女を返せ〜!」
                  「返せって私は物じゃないわ!」
                  「男ナシじゃいられないくせに〜!」
                  「それ以上彼女を侮辱するな!」
                  という修羅場を繰り広げた後、アーサーが貴族の娘と結婚するという事実が発覚。

                  今度は
                  「そんな事実知りたくなかった!」
                  「戦争が終わったら結婚する。今度の戦争は恐ろしいことになる」(←話題をすり替えですか?)
                  「私がなにも知らないふりをして、さすがね!頼りになるのはあなただけだわって言えばいいの?」
                  「やめなさい!」(←この言い方がかなりツボりました)
                  「私だって一人で生きていけるわ!」
                  「僕は父親の正式な子じゃない…私生児なんだ…!」
                  「私生児…!?」
                  「僕には血筋が必要なんだ!…助けてくれ…!」
                  「私にもその苦しみを分けて!」
                  と、解決したんだかしないんだか微妙なまま、ガブリエルとアーサーの気分が盛り上がり、熱い抱擁を交わして1幕が終わり。

                  …不倫を続けるって、いろんな問題を見えない振りしたり、話題をすり替えたり、技術が必要なんですね☆(そんな感想?)


                  そして、2幕目頭でアーサーは死んだ人になり、打ちひしがれたガブリエルが立ち直って挫折して、また立ち上がるまでの過程を描くんですが、アーサーが死んで絶望のどん底で落ち込んでるガブリエルに、アーサーの亡霊が現れて、ガブリエルを包み込むような優しい歌を歌うんですよ。

                  このソロが、もうね〜!!最高!!
                  めっちゃいい!!しかし、あの最高さを表現できる語彙がない!ぎゃふん!
                  前述のデュエットより断然のびのびと歌っていて、声も暖かいし、情感こもってるし、ガブリエルじゃなくても泣けるわ〜、マジでという感じでした(←伝わらね〜)

                  そして、沈黙の15年間を破ってコレクションに失敗したガブリエルが打ちひしがれて(←この真央さんの芝居の面白さと切なさが秀逸)、立ち上がって「負けない!これが私の人生だから!」と歌う歌。
                  すごかったわ〜。
                  めちゃ迫力ありました。

                  そこから場面は最初のスイスのホテルに戻り、夜明けを迎えてアーサーの亡霊に「私、もう一度立ち上がるわ!」とガブリエルが宣言して終わり。

                  そして、カーテンコール。
                  拍手がいつの間にか流れる曲に合わせて手拍子に変わるのが宝塚っぽいな…と思いつつ、次々出演者が挨拶して、次は翼きゅんよ〜!と思った時に、曲がストップ。
                  ゆったりとした曲に変わって翼きゅんが登場〜!ってマジで宝塚っぽいんですが(笑)
                  さらに、翼きゅんのエスコートで真央さんが登場。
                  それはそれはものすご〜い裾の膨らんだドレスでね!思わず「うぉっ!」って小さい声が出ちゃいましたわ。
                  すごいゴージャス!ゴージャス・オブ・ゴージャス!
                  あれほどガブリエルが否定してたコルセットが必要なドレスで最後を締めくくるのか…な〜んて思ってません!!

                  しかしですね、翼きゅんと真央さんの二人きりのシーンでは何とも思わなかったのが、出演者全員が並ぶと、二人の顔の小ささが尋常じゃないことがわかりましたわ。
                  驚異の小顔カップルですな〜。
                  非日常を体感しましたわ〜。二人の顔の小ささで(←そこかよ!)

                  そんなこんなで、いろんな面でものすごくゴージャスな舞台でした。
                  は〜、楽しかったです。
                  気が緩むと何回でも行きたくなっちゃうので、我慢我慢。

                  来週も楽しみで〜す☆

                  *****
                  拍手ありがとうございます☆

                  JUGEMテーマ:今井翼

                  ガブリエル漬け

                  0
                    一昨日と本日、舞台ガブリエル・シャネル マチソワしてきたど〜!!!

                    久々に芝居も歌もセットも衣装も高レベルなものを見させて頂きましたわ〜。
                    舞台好きな方は是非!行った方がいいと思います。
                    チケ好評発売中だそうなので…


                    そして、本日のソワレはヒガシと坂本くんがご観劇されてましたど。
                    しかも、ワタクシのごく近くでっ!
                    ぶっふぉ!
                    事務所の舞台班の先輩のご来場にワタクシ緊張しましたわ(←出たよ擬似オカン)。

                    そんなプレッシャーの中、素晴らしいクオリティでアーサーを努め上げた翼きゅんにスタオベでしたわ〜!

                    は〜、会社休んでよかった♪(え?)

                    ほんとガブリエルは語りたいことがいっぱいあるので、また改めて書きます☆


                    ほな明日から仕事頑張るわ〜


                    *****
                    拍手ありがとうございます☆

                    WW翼 Premium 2008 @日生劇場 マチネ

                    0
                      こんばんは。
                      あなたの心にくよくよするのはよっせっよ〜・栄枯です☆

                      いや〜、本日も行ってきました!
                      World's World 翼 Premium 2008!
                      ワタクシ的には本日が見納め。
                      27歳になった翼きゅんを10列目なのに50倍の双眼鏡(野鳥の会ですか?)でガン見してきたゾエ〜☆

                      しかし、日生って古い劇場なだけあって、1階席だと前の人の頭が気になりますね…最近、そんな思いをしてなかったので、ちょっとびっくりしましたわ。

                      ま、それはさておき、本日も翼きゅんはめっちゃ男前でした〜vvv
                      今回は、一幕目の白翼と黒翼の表情のコントラストに注目して見たんですが、素晴らしかったです☆(話の内容は、もうこの際どーでもよし)
                      特にPETSHOP BOYSの歌のカバー(ですよね?)〜「♪吐息に包まれ溺れる」歌の時のパーカッショニストの後ろに登場する黒翼の表情、めっちゃカッコイイ!!
                      白飯三杯!いや五杯?(食い過ぎです)

                      そして、二幕目のジャズで脱魂。
                      これ見るために一週間頑張って働いてきたのよ、ワタクシ!缶無量ですよええ!
                      黒スーツ最高〜!!
                      そしてそして、千年メドレーで蘇生。
                      は〜、どうよ、この素晴らしさ!翼きゅんもM.A.D.メンもキレキレよ!
                      ダンス好きな方にはホントに見ていただきたいわ〜。

                      最後にドラムパフォーマンスで一気に彼岸に渡りそうな勢いでした☆
                      アッブネ〜、三途の川わたっちゃうところだったYO!
                      このドラムパフォーマンス後に、ドラム櫓の下で誰だろ?福ちゃん?松崎くん?に頭を抱え込まれながらダブルピースしてた辰巳くんがめちゃキュートでした。
                      何があったんでしょうか?お誕生日?と思って調べたら、辰巳くんのお誕生日は大野さんの1日前なことを初めて知りました。
                      ていうか、昨日が松崎くんのお誕生日だったんですね☆

                      本日のMCは、タオルで顔を拭くコーナーで、今回は厚木からいらしたお嬢さんだったんですが「厚木!小田急線のね」って翼きゅんが即座に仰ったのが、同じ県出身感を感じられてちょっぴり嬉しかったですわ〜(些細な喜び)
                      で、今まではチビッコからハンカチを借りることもあったんですが…と言いつつ、
                      「この間、タッキーと翼どっちが好き?って聞いたら即座に「タッキー」って答えられて撃沈しました」
                      なんて仰ってました。
                      可愛かったけど、切ないわい!
                      そして、拭き方について3パターンあります、とのことで
                      1.翼、ちょっとだけよ
                      2.翼、普通でいいよ
                      3.翼、27歳の拭き方してみなさいよ
                      の中から、選ばれた「27歳の拭き方」として、顔を拭いた上に、胸元まで拭いていらっしゃいました。
                      ヒィ〜!裏山死!!
                      でも、今回もワタクシの席の近くまで歩いて来てくださって、ワタクシ、心理的に瀕死状態でしたわ☆

                      さらに、
                      「5列目なのに双眼鏡で見てる方もいらっしゃいますね。じっくり見て下さいね。って言われても全く双眼鏡を下さないっていうね。
                      ていうか、(双眼鏡で見てる人)増えてますよね!なんか、顔じゃなくて下の方見てるし!
                      はぁ〜、怖い!怖いわぁ!
                      すみません、冗談です。まだ昼公演でしたね」
                      って、かなり饒舌な感じでおかわいらしかったですvvv

                      そして、今回は思い切って1枚500円の写真を買うたったど〜!!
                      衣装の上から包帯巻いてるお衣装のお写真と〜、ドラムパフォーマンスのお写真!
                      もちろん上半身裸ですよええ!
                      我ながらいかがなものかと思いましたけど、無礼講な気分になり、気がついたらお会計してました☆
                      ついでに、松本幸大くんのお写真までお会計してました☆

                      そんなこんなで、WW08の秋に悔いなし!
                      これでソウルに行くまでの間頑張れますわ〜(あと10日だけどな)

                      本日は斗真さんの舞台『グリース』も見てきました。
                      感想はまた後日にでも…☆

                      *****
                      拍手ありがとうございます☆





                      本日の 翼 Premium

                      0
                        こんばんは。
                        あなたの心の一の倍数・栄枯です☆

                        本日も行ってきました〜!
                        『World's Wing 翼 Premium 2008』。
                        心なしか、先週拝見したときよりもホッペタがコケていたような…先週は始まったばかりだったからまだふっくらされてたんでしょうか〜。

                        本日のハンカチでお顔を拭くコーナーは、1階席の結構後ろまで歩いてチビッコからタオルを借りたので、予想外に近くで翼きゅんを見ることができて、うっかりそのまま帰らぬ人になり、日生に霊魂が住みついちゃうんじゃないかと思いました☆
                        は〜、危ない危ない(危なすぎるわ)

                        そんな翼きゅんにタオルを差し出しながら、「翼く〜ん!!」と大きめな声で呼びかけた男性がいらっしゃって、翼きゅんが
                        「お、お兄さん…!!」
                        って応えてたのにめちゃめちゃ笑わせていただきました。
                        ナイスな遣り取りだったJ!

                        あとね〜、前回書き忘れたけど、最後のドラムパフォーマンスが終わった後の出演者のグループごとの挨拶の時に、M.A.D.のお兄ちゃん達4人がドラム櫓の下でお互いの拳を突き合わせてから出てくるんですよ。
                        これがす〜ごくいいの!!
                        「やり切った!」みたいな感じのいい表情なんですよ〜。
                        あれを見るたびに「ホントにいいもの見せてくれて、翼きゅんのバックについてくれてありがとね…」って気持ちになります。

                        しかし、前回書いた舞台感想は松竹座を見たあと、ちょっと経ってから書いた感想をベースで書いてるためか、日生の『WW’08』とちょっと…いや、そこそこ違う部分がありますね〜エヘ(←エヘじゃねぇよ)

                        あと1回は『グリース』とマチソワです。
                        正気を保てるか心配☆


                        心配といえば、昨日の『宿題くん』の大野さんの新聞の番組欄…めっちゃセンスいいね!
                        「心配!世界のナベアツ!チョコレートが歯につまる」
                        これが放送中で一番笑いましたわ。

                        でもね、ナベアツていうか、渡辺さんも山下さんもスベり気味っぽかたけど、ジャリズムのコントってホントに神級に面白かったんですよね〜(10年以上前だけどね…☆)
                        ジャリズムの葬式コント、未だにほぼ暗唱できるくらい好きです(余談)


                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        ◎KONNA MONO WO KUTTE KITA!

                        ◎ SAVE ELECTRICITY!

                        COUNTER

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 新装開店
                          栄枯
                        • 新装開店
                          きりん
                        • 新装開店
                          るん
                        • 新装開店
                          D子
                        • 今年も終わりますね
                          栄枯
                        • 今年も終わりますね
                          るん
                        • じゅーーーーーりえーーーっ!
                          栄枯
                        • じゅーーーーーりえーーーっ!
                          るん
                        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
                          栄枯
                        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
                          N

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR