スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.24 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    クンプーの感想(ネチネチver.)

    0
      こんばんは。
      あなたの心のここはどこ?栄枯です☆

      いや〜、そんなワケで行ってきたYO〜!
      「転世薫風」2回目に!

      えっとですね〜、話の筋がわかっていたので、1回目よりも心穏やかに見られました。
      ていうか、もう話の筋なんかどうだっていいんだ!と割り切って観られたので、なんならワタクシ的に鬼門なネタ以外はちょっと笑っちゃったりなんかして〜☆
      ともかく、大野さんの動き&芝居&表情の素晴しさのみをクローズアップして観られてよかったよかった。
      何度も言うけど大野さんは、本当に素晴しかった!

      そんなワケで、アップしようかどーしよーかウダウダしてたんですが、何件かご要望を頂いたので、激辛感想を書きま〜す☆

      「クンプー最高!キダッチに一生ついていくわ!」
      っていう心意気の方は、ホントに読まないで下さい。
      間違って読んでも文句言わないように。

      この下は、ワタクシの個人的な意見を書いてるだけです。
      そのためのブログですから、意見が合わない方に何か言われる筋合いはありませんし、対応する暇もありません。

      オッケーな方だけどうぞ。
      上にも書いたけど、読後のクレームは一切受け付けまへん。
      自己責任で読んでください。


      さ〜て、始まったよ〜!プ ー 三 部 作の最終章!「テ ン セ イ ク ン プ ー」!
      まただよ!またハッポービズィンの舞台だよ!
      完全に味占めちゃってるよ!事務所も劇団も。
      いいかげん、洋物ミュージカルで華麗に歌って踊ってキラキラ輝く舞台を見させてくれ。
      いや、歌って踊らなくたっていい。
      「TRUE WEST」みたいな、役者としての資質を問われちゃうような骨のある舞台に立ってくれ。
      なぜなら、大野さんにはできるから。
      そういう舞台に立ったら、無限大の可能性を秘めているから。

      そういう目線で見ています。
      今回の舞台を手放しで素晴らしい!と思っていて、嫌な思いはしたくない人は読まないように。
      いいですか〜?

      (ここまでが前置き)

      ほな書くよ。
      もうね、話の筋はこの際いいや。
      ALLジャニーズ出演の舞台だったら、さぞかし盛り上がっちゃうだろう破天荒なストーリーだし。
      タイムマシンっちゅーか、転世装置とかいうヤツが、なんであんなステージ衣装みたいなガウンなの?とか、ましてやそのガウンを持ってクルクル回って踊る白いランニング&スカート姿の女性陣の姿がシュールすぎ、とか、もうそんなのどうでもいいや。

      しかも、ワタクシ、真田十勇士にそんなに思い入れが無いので「ハァ!?」ってならなかったしね☆

      逆に「ハァッ!!!!????」って思ったのは去年の「バクマツバンプー」よね〜。
      ま、去年のことは去年のこと、なかなかシツコくこびり付いたトラウマではありますが、水に流そうじゃないの〜と思って幕が明けたと思ったら・・・え?デジャ・ブ?しかも悪夢?みたいなね。

      バンプーそのまま使い回しってどんな嫌がらせですか?バンプー自体は何回か観て、初回に観た時ほどの嫌悪感や怒りは無くなったものの、もう忘れたい過去なのに・・・。

      しかも、相変わらずファンに媚を売るような嵐ネタの数々。
      観劇中に一番テンションがダダ下がりするのは、「WOW!」を踊るシーンね。
      だから〜!舞台の上で「嵐の大野くん」を求めてないって言ってんダロ!(←私だけ?)
      それはコンサとかテレビで見たいのであって、舞台上では大野さんがその役に入り込んでその役の血となり肉となって芝居する姿を見たいの。

      ま、たまに芝居中に役じゃなくて演じてる本人をいじるってことも突発的にある舞台もありますよ。
      でも、これはそうじゃなくて「嵐の大野」ありきっていうか、「嵐の大野」に寄りかかる気満々だからね。
      話が全然別だとワタクシは思うわけですよ。

      コンサにしろ、舞台にしろ楽しみ方は人それぞれですけどね、あの媚び媚びな(もしくは客をバカにした)「ほ〜ら、嵐の大野くんだよ〜!お前ら喜べ〜」演出を、客席は手放しで喜ばないで欲しいって切実に思ったわ。

      そのレベルの仕事しか来なくなったら本当に勿体無いからね。
      日本の演劇界の大きな損失だからね(半分マジですよ。ワタクシは)
      だって、去年も今年も観劇する対象を完全にファンに絞ってるでしょ?
      これじゃ次の仕事に繋がらないですよ。
      いくら大野さんが素晴しくたって、筋書き&小ネタがあまりにお粗末すぎて、普通に舞台が好きな人からは「所詮ジャニーズだもんね」くらいにしか思われないんじゃないか?

      あと、「センゴクプー」はチケットに恵まれず見られなかったので、何ともいえませんが、センゴクプーのよく言えばオマージュ、悪く言えば使い回し的なエピソードが核になっていて、3部作の最後だけに集大成・・・とワタクシが思うワケもなく、なんだか大野さんが骨の髄までしゃぶり尽くされてる気になりました。

      特に一幕目は凄かったね〜(←いい意味じゃないよ)。
      ま、二幕目とのコントラストを出すためにわざと酷く作ってある(と思いたい)んだろうけど、ボケーっとしてる大野さんが仲間を殺されて怒り&泣きスイッチがオン。人が変わったように剣を振り回す。しかも、スローモーションで・・・ってどっかで見た!去年!グローブ座で!もうええわ!みたいな感じでしたわ。

      そうそう、このデジャブ感で言えば、なかなか心を開かない鼻っ柱の強い娘、信頼していた仲間の裏切り、走り回るパステルカラーの着物の娘たち、耳をつんざくような割れた効果音、舞台の真ん中に階段とかね。役名が違うだけか?みたいなね。

      でね、二幕目。
      よかったよ〜、とりあえず話しに収まりがついて。
      「感謝感激雨嵐」とか「キャプテーン!」とか、台詞を言いながら「A・RA・SHI」の振り付けとかは、ホントにいい加減にしろって思いましたが。

      でもね!一度体験した出来事を躍起になって変えようとする大野さんの芝居がめっちゃかわいかった!!
      すげーかわいかった!時々、ちょっと「サミー」(オカマキャラ)っぽかった!
      急に舞台が生き生きしだしてよかったよかったって思いました。
      一幕目ほどは「嵐の大野くん」ネタもばら撒かれてなくて、楽しめましたよ。

      あとね、DVDの特典映像みたいに取ってつけたようにバレエを披露するシーンは良かったね〜(はあとっていうか、それは1幕目だけど)
      そしてね、自分の意思と違って勝手に身体が動く!みたいな芝居はホントに凄いですね。
      恐ろしいわあの身体能力。
      なおかつ、可愛さも忘れてない!みたいな☆

      そんな感じで、ちょっと楽しみ始めたワタクシをあざ笑うかのように、最後のどうなるの?っていうハラハラ的な場面で出た〜!「時間の亡霊」みたいなヤツ。
      去年は鬼のお面被って同じ効果音で、大野さんを取り囲んで同じ踊りしてたよね〜!みたいな。
      せっかく面白かったのに、水を差された気分になりました。
      もうちょっと、色んな表現方法を使ったほうがいいんじゃない?


      ま、三部作の最後だし、もう大野さんがあの人達と一緒に仕事をすることはないと心から信じているので、どうでもいいけどさっ。

      そうなの。
      もうこれっきりにして欲しいの。
      もうあの細腕に劇団丸ごと背負わせるのは勘弁してください。
      これからは学び&収穫の多い舞台にどんどん立っていただきたい!

      そう改めて思いながら青劇を後にしたワタクシでした。
      以上!

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.04.24 Wednesday
        • -
        • 00:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        栄枯さん こんばんは。
        いつも読ませていただいてますが、我慢できずに初めてコメントいたします。
        もぉーーーーーっ!ホントに同じ気持ちで泣きたくなります。この才能潰してくれたら、どう責任取る気だよ!って感じです。歯がゆい、もどかしい、もったいない(涙)
        劇場の感想用紙書かれましたか?あれしか訴えるものがないので、書いた方がいいのかなぁ、と迷ってます。
        取り乱して失礼致しました(^_^;)
        • ハナ
        • 2006/12/13 1:21 AM
        はじめまして。いつも読ませて頂いています。
        なんだか読んで胸のつっかえが取れました。
        今回初めて嵐の舞台を観劇したのですが、
        正直言って絶句しました。
        ソロコンを観て大野智のファンになりました。
        けれど舞台には“薫”を求めて行ったのに、残念ながらそこにあったのは
        中途半端な生ぬるい空間でした。
        すごくすごく残念です。
        大野智はあんなものじゃない。そう信じています。
        舞台人としての大野智をいつか観てみたいです。
        すみません、長々と失礼しました。。
        • sakura
        • 2006/12/13 2:15 AM
        栄故さん、こんにちは〜
        私も栄故さんの意見に同感の一人です。1回目の帰る道すがら「そう私は、大野智の身体能力の素晴らしさを見に来たんだから・・」と自分に言い聞かせておりました。
        2回目は冷静に見ることができまして、そしたら納得できることも多々ありましたが・・
        でも事務所には「大野君の才能をもっと生かして!」とそして「嵐は事務所が思うより人気がある!!(by栄故さん)」と声を大にして言いたいです。
        • ミスマープル
        • 2006/12/13 9:55 AM
        初めまして栄枯さん。ピッチと申します。
        いつも覗かせていただいていましたが、クンプーについての栄枯さんのお考えにまったく同感で思わず出てきてしまいました。
        私は嵐が大好きで特に大野君が大好きです。
        舞台は去年が初めてでそのときも??でしたが、今年も???私が観たい大野智ってこれじゃない!って感じでした。

        もちろん生で大野君の軽やかな身のこなしを観ることが出来てうれしいのです。でもあまりの『嵐の大野智』を前面に出してる演出に途中から嫌気が差してくるほどでした。

        もっと本当の大野智の魅力を引き出してくれる舞台に出会ってくれることを願っています。
        • ピッチ
        • 2006/12/15 3:38 AM
        皆様、連日連夜の忘年会続きのため、お返事遅くなり、大変失礼いたしました。

        >ハナさん
        はじめまして〜!コメントありがとうございます。
        >この才能潰してくれたら、どう責任取る気だよ!
        まさにその通り!
        アンケート用紙、ワタクシ、昨年は思ったことを正直に記入しました。
        三部作の最後の今回こそ、「もう勘弁してください」っていうことを真摯に書くべきかな?と思ってます〜。

        >sakuraさん
        はじめまして!コメントありがとうございます。
        >中途半端な生ぬるい空間でした。
        あの舞台をあらわすのに、ピッタリな表現ですね。。。
        ソロコンでハマられたなら、なおさら「ハァ?」って感じですよね。
        次回作に期待したいですね。

        >ミスマープルさん
        こんばんは!コメントありがとうございます。
        去年も今年も「大野さんの動きは素晴しいね!」としか言いようのない舞台ですよね…。
        このレベルで眠らせちゃいけない才能だと私も思います。

        >ピッチさん
        初めまして!コメントありがとうございます〜。
        嫌気・・・ワタクシもホントにウンザリしました。
        一体誰のための舞台なんだ?これは、と思うことしきりでしたわ。
        >もっと本当の大野智の魅力を引き出してくれる舞台に出会ってくれることを願っています。
        ホントですよね。
        今後に期待したいですね!


        皆様暖かいコメント&拍手ありがとうございます。
        もちろん、あの舞台が最高!という方も沢山いらっしゃって、これが主流の意見ではないとは思いますが、役者・大野智の飛躍を望む方の声が聞けて嬉しいです(^^)
        • 栄枯
        • 2006/12/16 12:54 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        ◎KONNA MONO WO KUTTE KITA!

        ◎ SAVE ELECTRICITY!

        COUNTER

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 新装開店
          栄枯
        • 新装開店
          きりん
        • 新装開店
          るん
        • 新装開店
          D子
        • 今年も終わりますね
          栄枯
        • 今年も終わりますね
          るん
        • じゅーーーーーりえーーーっ!
          栄枯
        • じゅーーーーーりえーーーっ!
          るん
        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
          栄枯
        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
          N

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR