スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.24 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    嵐のワクワク学校 7/14 17:00 二時間目

    0
      はい、こんばんは。
      あなたの心でキックベース・栄枯です☆

      続きまして、「嵐のワクワク学校」略してワク学2時間目のレポですよ〜。

      2時間目の授業は

      『パクパクの授業』

      でした!
      担当するのは、髪を切ったことが誰にも気付かれなかった相葉先生。

      昨年同じテーマで豚の出荷の様子をレポートし、命の大切さを伝えた相葉先生は、今年もあえて同じテーマを選んだそうです。
      去年のパクパクの授業と言えば、ワタクシ的に一番心に響いた授業…うう、知らなきゃいけないことではあるけど、辛かったよう…というこちらの気持ちそっちのけで授業スタート(笑)

      相葉「そろそろお腹もすいてきたという声も聞こえてきましたが!」
      櫻井「どこで聞きました?」
      相葉「じゃ、みんな10秒数えてください」
      10秒数える4人+会場、そして教壇の陰に隠れて着替える相葉先生。

      相葉「ヘイ、らっしゃい!」(あれ、プレゾンですか?笑)

      「帽子が逆になっちゃった!」とか言いながら、4人の生徒をステージ上にできていた『相葉ずし』のカウンターへ誘導。

      相葉「何にしましょう?」
      櫻井「タコ!」
      相葉「ダメ!」
      櫻井「えっ、ダメなの?」
      松様「コハダ!」
      相葉「惜しい!」
      大野「アジ!」
      相葉「アジ!ハイ!」(「反応してあげて!」って言われてました笑)
      ニノ「サバ!」
      相葉「わかりました。サーモンいきましょう」

      相葉先生、強引です。
      4人の生徒が口々に「え〜!」とか文句を言ってるのも全く気にせず、サーモンクイズを出題。
      サーモンは、実は白身の魚だってこと、皆さんご存知でしたか?
      餌であるオキアミの色が移るため、ああいう色になるそうです。
      その証拠に、産卵後の鮭の死骸を解剖すると、身が白いんです。
      これは、何も食べずに川を上るためだそう。

      Q サーモンが海から川に戻って来られるのはなぜでしょう?ちなみに、サーモンは自分が生まれた場所をピンポイントで覚えているそうです。

      A 星と太陽の位置を見ているから
      B 地球の磁力を感じるから
      C 川の匂いを嗅ぎわけるから
      D 地図を見るから

      ちなみに、このクイズはさかなクンの監修だそうです。
      ということで、さかなクンの被り物のドジョウバージョンみたいなのを被った相葉先生が問題が映し出されているビジョンの端っこに映ってました。かわええ。

      相葉「ヒントとかはいいですか?」
      ニノ「ヒントあるなら欲しいな〜」
      相葉「ヒント無しですよ!」
      ニノ「なんで言ったんだろうな〜」

      櫻井さんと松様の予想はC、大野さんの予想はB、ニノミの予想は…

      ニノ「俺、旅がしたいんだよ!俺、鮭ね。道しるべがあるから、旅出来るんだよ!だからA!」
      相葉「いいところに目を付けた!」
      4人「おおっ!」
      相葉「正解、C!」

      ニノミの熱弁をあっさりかわす相葉先生(笑)
      そんな相葉先生から、正解した櫻井・松本コンビに相葉先生からサーモンの握りが振る舞われました。
      なんでも、相葉先生は江戸前の職人さんにお寿司の握り方を教えてもらったとのこと。

      相葉先生のサーモン握りを食べた櫻井さんと松様は「うまい!」「東京より上手くなってる!」と褒めちぎってました。
      相葉先生は、東京のワク学後も練習してたそうです。

      ニノ「これからはマーボーじゃなくて寿司握ったら?」
      相葉「それは親父が悲しんじゃうから」
      櫻井「親父さんのためにマーボー作ってたんだ」

      というやり取りの中…大野さんがガリをもぐもぐ食べてるっ…!
      ビジョンの片隅に映り込むその姿に爆笑しました。
      誰か、あの子にも何か食べるものあげてー!!(笑)

      そんな大野さんを誰もいじることもなく、次のネタ(クイズ)へ。

      相葉「次、何握りましょう?」
      櫻井「タコ!」
      相葉「タコ正解!」
      ニノ「えっ、決まってるんですか?」
      相葉「決まってないです。ヤラセ一切なしです!」
      …ていうか、さっきも櫻井さん「タコ」って言ってましたよね☆

      タコとイカは一緒に思われがちだけれども、実は全然違う。
      イカスミ料理はあるけど、タコスミ料理というのは無いのは、イカスミは水の中で固まる性質があり、しかも美味しいので、イカはイカスミを自分の身代りにして、捕食者がイカスミを食べている間に逃げることができる。
      タコのスミは固まらず、煙幕として使うので、水の中で広がって相手の目くらましをしている間に逃げるため、スミが美味しい必要がない、と全然違うそうです。

      そんなタコの煮汁を大事に使う職業の人は誰?

      A 軍人
      B 書道家
      C 貴族 → ニノ「眉毛ね」
      D 茶道家

      相葉「じゃ、会場ヒントいっちゃう?」
      櫻井「ミリオネアみたい」
      相葉「これね、リーダーはわかっちゃうと思うんだよな〜」
      松様「釣りでタコのスミかかったことあるの?」
      大野「イカはあるけど、取れない!」
      松様「タコは?」
      大野「かかったことない!」

      …ていうか、出題されてるのはタコスミじゃなくて、タコの煮汁ですよ皆さん…。

      松様の予想はA、櫻井さんはD、大野さんとニノミはB(だったと思う)

      正解はAでした。
      タコの煮汁は体が元気になるタウリンが含まれていたので、昔の軍人さん達は水筒に入れて飲んでいたそうです。

      相葉「これリーダーわかると思ったんだけどなぁ。前、体調悪い時とかにマネージャーに「タウリン入ってるの買ってきて」って言ってたじゃん」
      大野「あ〜」
      櫻井松本「言ってた言ってた」
      ニノ「タウリン2000入れたから大丈夫って言ってた!」
      大野「確かにタウリンは飲んでたけど、タコにタウリン入ってるって知らなかったよ」

      というわけで、正解した松様だけが相葉ずしのタコ握りを食べられることに。
      相葉先生はもっと正解者がいると思って握りまくってしまったらしく、松様にめっちゃタコ寿司を振る舞ってました(笑)

      さて、そんな相葉先生、4人の生徒達のためにアナゴ漁に行きました!ということで、アナゴ漁の映像がスタート。

      相葉先生、2時起き、4時出港のハードスケジュールでした。
      アナゴ漁をしたのは、江戸前のアナゴが取れる羽田沖。
      アナゴ名人の親子の漁に同行させてもらったのに、仕掛けにかかったアナゴはおらず、結果、1匹も獲れませんでした!
      アナゴ名人いわく「自然相手の仕事だから、そういうこともたまにある」とのこと。
      昔から羽田の魚の種類は変わらないが、取れなくなったということです。
      漁師さんの数も3〜400人くらいいたのに、今は30人(?)だそう。

      結局アナゴが獲れなかったので、相葉先生は浅瀬に移って貝を獲り、特大焼きハマグリとアサリの味噌汁を給食として4人の生徒に振る舞いました。

      櫻井「うまいー」←例の口調
      松様「お味噌汁もうまい!」

      というわけで、相葉先生のまとめ。

      今回も自分たちの地となり肉となる食べ物について考えたかった。
      日本ほど魚が食卓に上がる国はないということで、今回は魚を取り上げました。

      そんな相葉先生のパクパクの授業は、敢えて去年と同じ

      『ごちそうさま ありがとう 雅紀』

      という言葉で締めくくられました。


      いや〜、相葉ずし斬新でした(笑)
      去年の豚の出荷は本当にシビアでワタクシは胸を突かれる思いがしたんですけど、なんだろう。
      魚介類ってあんま「可哀相」とか「命をもらってるんだ」って気がしないのはワタクシだけでしょか…。
      魚を見るとつい「食べ物」って思っちゃうんですよね〜☆

      でも、だからといって、食卓に上がった魚介類を粗末にしていいということではないのはよーくわかるので、出されたもの、用意した食事はキッチリ食べようと思いま〜す!

      続きはまた後日!


      *****
      拍手ありがとうございます☆

      >mさん
      コメントありがとうございます。楽しんで頂けたら嬉しいです♪



      JUGEMテーマ:
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.04.24 Wednesday
        • -
        • 23:18
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        ◎KONNA MONO WO KUTTE KITA!

        ◎ SAVE ELECTRICITY!

        COUNTER

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 新装開店
          栄枯
        • 新装開店
          きりん
        • 新装開店
          るん
        • 新装開店
          D子
        • 今年も終わりますね
          栄枯
        • 今年も終わりますね
          るん
        • じゅーーーーーりえーーーっ!
          栄枯
        • じゅーーーーーりえーーーっ!
          るん
        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
          栄枯
        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
          N

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR