スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.24 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    PLAYZONE '12 SONG&DANC'N PART供1曲ずつ感想

    0
      こんばんは。
      あなたの心で夢の翼を広げる栄枯です☆

      青山の夏が終わりました。
      一足先にワタクシの夏も終わったわけで。
      夏が終わったというのに、なんでこんなに暑いの?意味がわかりません。

      それはさておき、PLAYZONE'12 SONG&DANC'N PART兇無事幕を下ろしたんだど〜!!

      人それぞれ好き好きはあると思いますが、ワタクシは今年の内容がすーごく好きでした!!
      キャストのバランスもいいし、一体感があったし、曲がいい!
      サントラ聴いてても、去年は2週間くらい経ったらプレイリストから外す曲もあったのに(←どの曲かは聞かんといて)、今年は全曲飽きない。ずーっと聴いてられる。

      あとね、去年はユニットごと、もしくは個々にバチバチと火花を散らす感じのイメージがあったんですが、今回はキャストの一体感が凄かったと思います。
      一体感大事!(キリッ)


      ま、そんなワケで、今年も曲順に感想ダラダラ書いちゃおうYO!

      1. Road to PLAYZONE
      このOPね、プレゾンの今年の看板が張り出されてから途中で翼きゅんの襟元とかに変更があったりして、「もしや、パラシュート的な…?」という憶測を呼んでたワケですが、おたの憶測的中。
      イントロで舞台奥から順に宙吊りで天井から降りてくるTRAVIS Japan(以下トラジャ)、MAD、They武道、ふぉーゆー(たぶん)。
      さらに、優馬・屋良くん・翼きゅん・アツヒロくん(並びは定かではない。なぜなら毎回双眼鏡で翼きゅんロックオンしてたから)が歌い出し直前に降りてくる…んですが、この翼きゅんが大門グラサンをかけてみたり、白縁グラサンだったり、今井ファンが忌み嫌うヘアバンド(サッカー選手がしてるやつ。通称:紐)をしてみたり、紐の色が黒だったり白だったり、髭があったりなかったり、と毎日何で出てくるのか話題騒然な曲でした(笑)
      ワタクシが見たときは、大門1回、白縁3回、紐なしでしたね。
      髭はワタクシが見たときは心の目で消せる程度の濃さだったので全然OK!
      ちなみに、マッチさんご観劇の時は綺麗に剃ってました。露骨すぎるわ(笑)
      マッチさんが毎日来てくださればよかったのに…(ブツブツ)

      ま、そんなことは置いといて、歌い出しの翼きゅんの声が低温でシェクシー!!
      ダンスは去年を踏襲してる感じの、ちょっとボディビル…?と雑念が頭をよぎりそうになるダンスではあるものの、全員ビシっと揃っててかっこよかったです。
      この曲って、2年前のプレゾンを思い出させられてあんまり好きじゃなかったんですが、去年でだいぶトラウマ払拭出来たので(そこまで一昨年のが合わなかったワタクシww)、段々愛着が湧いてきました。


      2. 真夏の夜の花
      屋良っち、ふぉーゆー、They武道、MADの曲。
      割としっとりした曲。スポットライトが所々照らされる中で、フォーメーションを変えながら歌い、後半に屋良っちがラップしながら客席に降りてハケていき、ふぉーゆー、They、MADは客席に背を向けて全員がゆっくり歩き去っていくのがかっこよかったです。


      ここで、ふぉーゆーの福ちゃんと辰巳が登場。
      二人で漫談のようなトークを繰り広げるんですが、この背後のスクリーンに屋良っちとThey武道のアニメが流れてました。

      福田「いや〜、屋良くんかっこよかったですね!」
      辰巳「君の全てを奪い去った〜」(屋良っちの真似。この間に「お前もかっこよかったぞ!」とか二人で言い合うやり取りもあり)
      福田「でも、屋良くんが客席に降りちゃうと、見えなくなっちゃいますね!」
      辰巳「そこまで小さくないよ!シルバニアファミリーか!」(←別のバージョンもあった模様)

      のようなやり取りの後、アニメの屋良っちとThey武道が「シャワーでも浴びるか」と言い出す。
      福田「本番中にシャワーって、どういうことだー!!」
      辰巳「まあまあ…見てからのお楽しみってことで」
      福田「たつみー!!」
      辰巳「おう!」
      福田「オッケー♪」

      って感じのやり取りの後、福ちゃんと辰巳がハケる。


      3. 夢の続き
      アニメでシャワーを浴びると言っていた屋良っち&They武道がバスローブ姿で登場。
      シャワーブースに見立てたセットの中でバスローブを脱いで身体を洗いながら歌うって感じでした。
      ブースの中でデニムを履いて途中からステージ前方に出てきて、ステージ上に置いてあるシューズを履き、デニムのポケットからシャツを取り出して羽織ってボタン全開で客を煽るように腰振ったりして踊る屋良っちとThey武道。

      うーん、ま、好きな方は好きなんでしょうね。
      ワタクシはこれ見よがしに「オラオラ〜」って脱がれるのあんまピンとこないっつーかなんつーか。
      あと、六つ割れの腹に興味がないってのもあると思いますが。(翼きゅんみたいに、縦に筋が入ってる腹は大好物なの!←誰も聞いてません)
      やっぱ、男は黙ってチラリズムよね!とか思わされた思い出深い曲です←


      4. ハンター
      ビジョンの映像とコラボして、キャストが下手から上手にベルトコンベアーに乗ってるかのように移動しながら踊る曲。
      キャストが全員めっちゃ鮮やかな黄色いトップスを着てて、翼きゅんは基本黄色いシャツに、白いハットでした。この歌い出しの翼きゅんの声がカッコよくてね〜(でれでれ)
      ビジョンの景色も春から夏→秋→冬にかわっていって、トラジャの子たちが冬っぽくニット帽とか被ってたのが超かわゆかったです。

      翼→優馬→アツヒロくん→屋良っち→全員って歌い継ぐのもすごくよかったです。
      ていうか、優馬とアツヒロくんの声ってちょっと似てますね。
      ワタクシはスゲー昔に死ぬほど光GENJIの曲を聴きまくってた時期が1年くらいあるので、アツヒロくんの声はわかりますけれども。。。
      あと、翼きゅんと松本幸大くんが組んで踊ってたのが俺得感満載でした♪

      で、この曲でどんどん上手にハケて行ったキャストが最後に突風に吹き戻されてステージに登場して客席に「わ〜っ!」とハケていくのね。
      美青年が一挙にステージに降りてくるのがホント圧巻でした〜☆
      そして、たきざーさんが観に来てた時に翼きゅんはめっちゃいい笑顔でたきざーさんの姿を確認してたというスイートメモリーが蘇ります♥

      ここで、松崎がステージ中央でうずくまって居残り。
      袖から登場した優馬が「ちょっと、松崎くん!次僕たちの曲なんだからどいてください!」と言ってもうずくまったまま動かず。
      優馬に「ちょっと、みんなきてー!」と呼ばれたトラジャがわらわらと登場し、ザキさんを動かそうとしてもみくちゃにし、被ってたキャップ(小学生の帽子みたいな黄色いの)を取り上げ、ザキさんが「こらー!」っと身体を起こすと、キャップを取り上げたトラジャの子(誰だかわからず)をザキさんに投げつけると、またうずくまるザキさん。

      ここで、ザキさんのマル秘エピソードを日々暴露する優馬。
      ワタクシが見た時は
      ・ザキさんはヒゲが濃くて、本番前に毛抜きで1本1本ヒゲを抜いている(←翼も見習って!)
      ・ふぉーゆーメンの誰か(忘れた)がザキさんの家に遊びに来た時に、メンバーの前ではかっこ付けて「うちのお袋が」とか言ってたのに、廊下で「おかーさーん!」と母親に呼びかけていた
      ・コッシーは金属アレルギーなのに、ここぞというオシャレをしたい時はネックレスをしていく(←ザキさんネタが無くなったので、他のメンバーの暴露話に以降。笑)
      などでした!8/8の分がどーしても思い出せない。
      自分的に最後の観劇だったので、いろいろ切羽詰まっててね。

      それでも動かないザキさんを持て余した優馬に「ちょっと、お連れさま〜!お連れさまいませんか〜!」と呼ばれて、ザキさん以外のすりーゆーが登場。
      すりーゆー「どうも、お連れさまです!」
      優馬「ちょっとどうにかしてくださいよ、全然動かないんですよ」
      じゃあ、すりーゆーと優馬であたらしいふぉーゆー(「ふぉーゆーま」だったこともあり)結成するか!という話になり、「いいですね!」と優馬も乗っかるも、無反応なザキさん。

      優馬は次の曲があるからスタンバイしてきなよ、と言われてハケ、ここからふぉーゆーのコントがスタート(笑)
      福田「マツ〜!お前の大好きな〜、ふぉーゆーきたぞー!!」(めっちゃハイテンション)
      キャーッ!と起き上がるも、辰巳に睨みつけられて再びうずくまるザキさんと、コッシーと福ちゃん。
      辰巳「あ〜、もうめんどくせぇ!お前たちがそこでそうやってると、これでPLAYZONE終わっちゃうよ!」
      越松福「それはいやだ〜!」(上半身だけ起き上がる)
      辰巳「わたしがバカでした!」
      越松福「わたしがバカでしたぁ〜!」(←この3人の顔がめっちゃおもろい)

      気を取り直した越松福が立ち上がり、
      辰巳「きっと、明日はハッピーデイ!」
      と爽やかに言い放ち、コント終了。


      5. ハッピーデイズ
      優馬&トラジャの曲。
      白黒チェック&ハンチングの衣装で、ステージ上に置かれた箱から飛び出すトラジャがめっちゃ可愛かったです♪
      前半は優馬&トラジャの年長組だけだったのが、途中の「きっと、ハッピーデイズ、もっと、ハッピーデイズ」でトラジャの若い組がピョコっと箱から頭を出して参加してくるのとか超かわいー!
      全員飛び跳ねるような振り付けが若々しくて、去年の優馬の曲より断然いいと思いましたわ☆

      6a. 運命のひと 
      この曲好きー!屋良っちと辰巳・コッシー・山亮くん・林くんがシルバーのスーツ姿でスタンドマイクで歌う曲(途中からハンドマイクになる)。
      これだけ踊れるメンツ揃えておきながら、スタンドマイクって…!なんたる贅沢!とワナワナしたくなる曲(笑)
      それぞれ歌い方のスタイルも違うんだけど、踊らずに歌ってる山亮くんのお顔が美しくて、わりと「たまらんなぐへへ」とか心の中で呟きながら見てました。
      ほら、普段高速で動くからよく双眼鏡からフレームアウトしちゃうのよね。山亮くん。
      ていうか、双眼鏡に収まらない山亮すげぇ。(何の話ですか?)

      6b. LPガール
      前の曲のメンバーに、ふぉーゆー、They武道、MADとトラジャから数人(←雑)が加わってスタンドマイクで歌う曲。3段くらいにマイクスタンドが並んでいて、入れ換わり立ち換わり全員が立ち位置を変えて歌う曲。
      これもノリがよくて、いい曲!
      途中「Be my baby! Be my baby!」ってコールを要求されてCOMPLEX?って思わなくもなかったけど(わからない若者はわからなくてOK)、やっぱこういうC&R的なのがあると客席もテンション上がるよなぁ!と思いました。
      この曲のワタクシ的見どころは、エンジ色?えび茶色?なんともいえない色のスーツを着ている松本幸大くんvvv今年もパーフェクト八重歯が拝めて幸せでした♪

      全員ハケてから、シルバーのスーツで客席にアツヒロくんが登場。
      「ビーマイベイベー、ビーマイベイベー…終わってしまったのか…!遅かった…!せっかく衣装も揃えてきたのに…!」
      と言いながらステージに向かうと、ステージに用意されていたローラースケートにスポットが当たる。
      アツヒロ「なるほど…滑ろっかな♪」
      ローラーを履きながら「立ったままローラー履くのって結構難しいんですよ。ま、僕はできちゃうんですけどね」と言うアツヒロくん。さすがです。

      マイクスタンドの間をスラロームしたりしながら、前列中央のマイクスタンドの前へ。
      「これ光ってたんだよなぁ。どうやって光るんだろう」
      と、アツヒロくんがマイクスタンドを探っていると、下手からコッシーが出てきて無言でマイクスタンドを触り、点灯。コッシー無言でハケる(笑)

      アツヒロ「えっ、これって自分で点けるの?」
      と触るとマイクスタンドの明りが消えてしまい、「ちょっと、コッシー!消えちゃったんだけど!」と袖に呼びかけるも、反応がなく
      「マイクスタンド様、どうか光ってください」
      とアツヒロくんが呪文を唱えると、アツヒロくんの前のスタンド以外が点灯し、スタンドの間を滑って、最後にローラーでターンして場面転換。


      7. 光
      アツヒロくんがハケるとともに光のイントロが…!キター!って感じにワタクシ総鳥肌立ちました!
      今回はゴールドの尖った肩飾りの付いた白いロングコートにゴールドのパンツで翼きゅんが台の上に登場。
      屋良っち、ふぉーゆー、They、MAD、トラジャが黒い衣装で舞い踊るんですが、毎回「今回は全体を見よう!」って思ってるのに、翼きゅんが素敵すぎて結局、翼きゅんロックオンで見ちゃいました。
      もうね、全体像はDVDに任せた!
      途中、間奏の所で後方に下がる翼きゅんが後ろ姿で舞台の左右を指差し、それに合わせる形で黒衣装のキャストたちがアクロバットを繰り広げるのが、超カッコイイし、座長感たっぷりでゾクゾクしました!

      そして、2列に並んだ黒衣装のキャストの間を進んでくる翼きゅん…死ぬほどカッコイイ〜!!
      あの漂うノーブル感は一体なにごとなんでしょうか?
      翼きゅんがステージ前方まで進んで来てガッっと立ち止まって決める瞬間にワタクシ泡吹くかと思いました〜!かっこよすぎてもう…(言葉にならない)


      ワタクシが光で痺れてるところにまたしてもアニメがスタート。
      唐突な展開について行けないんですけど…っていうか、もうちょっとだけウットリさせてくれ!と思うワタクシをよそに、アニメは着々と進行。
      どうやら、アツヒロくんのローラーが片方無くなってしまったという展開の模様。

      ステージ上にバスローブ姿の屋良っち&ふぉゆーがアツヒロくんのローラーを探しに登場。
      ザキさんのバスローブだけが膝上で、毎回福ちゃんに「マツ、短っ!!」って毎回言われてました(笑)
      アツヒロくんのローラーが無くなっちゃったんだって!ということで、「もくてきは!」「アツヒロくんのー!」「ローラーをー!」「さーがすー!」(去年の辰巳のネックレスを探すー!と同じ感じ)とふぉーゆーが叫び、
      辰巳「俺は客席が怪しいと思うんだよね〜」
      福田「屋良くん見てきて〜」(客席笑)
      屋良「いや、おかしいだろ!俺先輩だよ?」
      じゃあ、背の順で一番せが低い人が探しに行こう、とふぉーゆーから提案され、ダントツ背が低い屋良っちが「行ってきま〜す☆」と客席へ。
      お客さんに「アツヒロくんのローラー見ませんでしたか?」と聞いては「知らない」と言われる(日によって、双眼鏡を差し出されたりもした模様。笑)というのを繰り返す。
      「そのまま会場出て渋谷方面にずーっと!」とか、「会場出てプリクラの所に!」とか言われる屋良っち。
      プリクラの時は福ちゃんが「あれで1000円は怪しい!」って言ってて、他メンに「それは言うな!」って突っ込まれてました(笑)

      屋良っちが客席を歩いてると、紫のバスローブを着た江田ちゃんが登場。
      超低い声でぼそっと「ローラー…あったって」と呟き、ハケていく構成でした(笑)
      8/8は江田ちゃんがコッシーのめっちゃ近くに立って、コッシーが「近いっ!」とのけぞり、コッシー以外のすりーゆーが「なにするんだ!俺達のコッシーに!」と江田ちゃんに怒るっていうのがあって可愛かったです(笑)

      ローラーが無事見つかったので、よかったよかった、とふぉーゆーがハケてしまい、客席に取り残された屋良っち。
      「これでもトラビスの振り付け助手やってるんですよ〜。でも、後輩にいじられちゃう屋良っちもいいんじゃないんでしょうか」と言いながらステージ際まで来て「俺も永遠の愛を探しにいこっかな〜、フゥ〜!」とか言ってハケていきました(笑)


      8. 終わらない時を
      アツヒロくんがローラーを履いて歌い踊る曲。
      これもめっちゃいい曲!バリバリのアイドルっぽい曲なんだけど、ポップでとてもいい!
      最初はトラジャがローラー履かずに出てきてアツヒロくんのバックで踊り、トラジャがハケると、ふぉーゆーがローラー履いて出てきて、アツヒロくんを先頭に電車ごっこのように連なってステージ上を滑る。列の最後にいる辰巳が後ろ向きになった時に腰の後ろでピースしててかわゆかったです☆

      後半、トラジャもローラーを履いて登場し、アツヒロくん・ふぉーゆー・トラジャでローラーで踊るのもよかった。
      ていうか、パンフのアツヒロくんのコメントに、2月にキャスティングされてダンスの個人レッスン受け始めて、4月からローラーの自主練始めたってあって、この人すげぇ…!!と震えました。
      アツヒロくんといえば、前に大野舞台で見て以来だったんですが、ここしばらくはお芝居の人ってイメージで、あんまり歌い踊るイメージがなかったので、プレゾン見て「昔取った杵柄ってやつね☆」とか思ったんですが、もの凄い努力してたんですね。マジすげぇ!
      先輩が率先して頑張るって大事ですよね。


      9. Mi Amor 〜あなたという光〜
      翼きゅんのギタリストこと、小川優くんのフラメンコギターから始まるこの曲。
      翼きゅんは白のマタドール風のジャケットにブラックデニムという衣装で、冒頭でフラメンコを踊ってから歌い出すんですが、これがかっこよくて…ブクブクブク(口から泡再び)
      しかも、マタドール風ジャケットって最高ですよね!くびれが丸見え!(どこ見てんの?)
      いや、本当は足さばきをよくするためのジャケ丈なんでしょうけど、翼きゅんのためにあるジャケットだって確信しましたね。この瞬間。
      しかも、やっぱ足長えぇぇeee〜!!
      しかも、お尻が小尻じゃ済まない勢いなんですけど!

      切ない愛を歌い上げながら、歌い上げる対象を目線の先に置いて踊る翼きゅん、ほんっとにシェクシーでしたわ〜(ウットリ)
      最後に、セットの椅子を撫でるのとか、ほんと色っぽい。


      10. マーチ!
      そんな翼きゅんにウットリしてたら、マーチ!のイントロで覚醒しました。
      ワタクシ、去年のプレゾンの中で一番好きなの!マーチ!
      マーチ!だけあと10回見たいって思ったの!ていうか、今でも思ってる!
      衣装&フォーメーションも去年からあまり変えずって感じだったような(基本、翼きゅん中心に見てるのでよくわからず)
      最高の物は敢えて手を加える必要ないのです!素晴らしい!(キッパリ)

      映像から始まるのが大きく変わったところって感じでしょうか。
      このマーチ、キャスト全員登場で、ほんと圧巻!ど迫力!
      ビシっと決まる群舞を見る喜びったらないわぁ。
      最後、曲をぶった切る感じに終わるのもホントかっこよかった!
      幕が降りてからもしばらく動けませんでいたわ…あ〜、ほんと、マーチ!だけでいいからあと10回見たい!


      というわけで、1幕の感想終わり♪(長ぇよ!)
      2幕は後日〜☆
      誰も待ってなくても書きます!


      JUGEMテーマ:今井翼
       

      嵐のワクワク学校 7/14 17:00 五時間目

      0
        こんばんは。
        あなたの心の計算ドリル・栄枯です☆

        俺的覚え書きのワクワク学校レポも今回でやっと終了だど〜!
        長かった・・・でも、これ書かないとプレゾンの感想も書けないだろって思って。
        勝手に自分で思ってるだけですけど。
        というワケで、ワク学レポ行ってみよ!

        『嵐のワクワク学校』略してワク学2012の5時間目は

        『ゲラゲラの授業』

        でした!
        担当するのは今年は鍵を開けたり目の中の文字を書いたりと大忙しの大野先生。

        突然、「櫻井さん、笑いなさい!」と命令し、櫻井さんが超ぎこちなく「アッハッハッ!」と笑うと

        「その笑顔、いただきました!!」

        と絶叫。
        一同(客席含む)、ポカーン。

        大野「それでは、ゲラゲラの…」

        まで言ったところで♪キーンコーンカーンコーンとチャイムが鳴り響きました。

        ニノ「ヘタクソ!!」
        松様「(チャイムと台詞と)どっちが先なんですか?」
        大野「チャイムの方が先でした」(←もう何回かやってるんだから、進行に慣れてください)

        てな感じでグッダグダな流れで始まった『ゲラゲラの授業』。
        人間は動物の中で唯一笑うことができる動物ということで、笑いのメカニズムを調べる実験の映像へ。

        脳血流装置をつけた大野先生が
        「ヘヘッ、僕のこんな姿見たことないでしょ」
        とご満悦そう。
        頭にいっぱい線を付けられた姿は人造人間かデジパ中さながらで、すでに面白いですよ!

        大野先生が笑える映像を使って、人が笑う時に脳の血流はどうなっているのかを調べる、ということで、動物園のチンパンジーの映像で実験。
        この映像、チンパンジーがただ座ってたり、仲間と遊んだり、何か食べたりしてるだけだったんですが…面白いのか!?

        というこちらの心配をよそに、大野先生はご自分の鼻をいじりながら「フフッ…フフッ」と笑ってらっしゃいました。ホント、大野先生の笑いのツボがわかんねぇ(笑)

        ま、それは置いといて、大野先生が笑うと前頭葉の部分が赤くなり、血流が活発になっていることが判明。
        前頭葉が活発に動くと、幸福感に関する物質が出るそうです。
        つまり、笑うと脳は幸せになる、ということ。

        では、ウソ笑いをするとどうなるか?という実験も敢行。
        「ハッハッハッ」と明らかにウソ笑いをする大野先生。
        すると、ウソ笑いでも前頭葉が赤くなりました。
        つまり、本気笑いでもウソ笑いでもどちらも脳を幸せにする効果があることが判明。

        大野「どうですか、皆さん。これからどんどん面白くなくても笑っていきましょう!ハハハハッ!」

        さらに、笑いは全身運動であることも紹介。
        20秒の笑いは3分ボートを漕ぐ運動量に相当するそうです。

        さらにさらに、笑うことで免疫力アップの効果もあるということ。
        ナチュラルキラー細胞(通称:NK細胞)が出るそうです。

        この辺の話は『ためしてガッテン』系を見てる人にはおなじみの知識ですな。


        というところでVTRは終了。
        突然大野先生の真顔がビジョンにアップになり、チーンという音とともに満面の笑顔に(だったと思う)。

        大野「感じが全然違うでしょ?何をしましゅかと言うと(会場笑)、みんな笑顔になったでしょ?」

        ということで、ステージ上の生徒でゲラゲラ選手権を開催。
        この選手権、教壇に設置されたカメラに向かって笑うと、一番いい笑顔の人の所に小鳥が止まり、一番勝った人に笑顔マスターと認定するというものだそうです。

        大野「真のマスターは大阪人です!」(てんてー、この表現ワタクシには難しすぎます…)

        1回戦
        相葉vs松本・・・の後ろでふざけてカメラに映り込む櫻井二宮コンビ。
        大野「櫻井君と医野宮君、何をして他のか説明しなさい!」
        小鳥がとまったのは相葉ちゃん(=勝者)。
        相葉「歯を見せるといいのかなぁ」(←もはや笑顔関係ない)

        2回戦
        櫻井vs二宮
        相葉ちゃんの言葉を参考に、とにかく歯を出す櫻井二宮コンビ。
        いや、それ全然笑ってないっすよ(笑)
        小鳥がとまったのは櫻井さん。

        決勝戦
        櫻井vs相葉…のはずが、後方でふざける二宮松本
        大野「二宮くん、終わったんだよ」
        と言われつつも、4人で対決することに。
        結果、歯を出していたニノミーの頭に小鳥がとまりました。
        しかし、後方にいたため、小鳥がニノミーの頭にかぶってしまい、面白い絵面に。
        松様「なんか小鳥がかぶって、鳥人間みたいになってる」

        最後に、笑顔マスターが登場!と思ったら、大野さんが笑顔マスターとして、見事敗者復活から優勝したニノミーと対戦することに。
        笑顔というよりは、もはやヘン顔で握手したまま回る大野二宮(笑)
        小鳥が頭にとまったのは大野先生でした。さすが笑顔マスター!
        そんな二人の後ろに相葉ちゃんが映り込もうとして間に合わず失敗していたのは内緒です。

        そんなこんなで、笑顔マスターの最強ぶりが発揮されたところで、会場にゲラゲラ光線を発射すると言いだす大野先生。

        …また光線でっか…?

        と思ったり、思わなかったり☆
        会場に向けてゲラゲラ光線を発射しますという大野先生に、

        松様「俺ら十何年一緒にやってるけど、光線なんか出てねぇよ」(←言っちゃった笑)
        ニノ「ぶっちゃけ、去年も出てねぇよ」(←ぶっちゃけすぎですよ笑)
        大野「黄色いしょ…黄色いのが出たろ?」
        ニノ「照明って言っちゃったよ」
        松様「みんな、笑ってあげて。つくり笑いでもいいからさ」(←なげやり笑)

        そして、去年と同じく会場に向けて「ゲラゲラ光線」を発射し、両手をあげてゲラゲラと笑う(作り笑いをする)客席の生徒たち。
        去年も思ったけど、やっぱ宗教ぽ(ry

        大野先生は昔、失敗して笑われることが恥ずかしかったけど、あの時から笑ってもらえることに幸せだと思えるようになったそうです。
        笑われることなんてヘッチャラ、と思って色々やればいいとのアドバイスを下さいました。

        人間は笑う動物と言われているそうで、もともと相手を威嚇する表情だったのが、敵意を持っていませんよ、という意味合いに変わったのが笑いの表情なんだそうです。

        ここで、大野先生が「笑いの歌」を披露。

        えーがお!それはだいじ!たいせつ!すてき!
        だーかーら、みんな笑顔になれ!もっとなれ!
        大阪えがおになーれー!!

        客席含め一同ポカーン。
        ど、どうやら毎回即興で「笑いの歌」を作っていらっしゃるようで…。

        大野「それでは、ゲラゲラのジョ…授業…」
        ニノ「噛んじゃってんじゃん!!」
        櫻井「ミゲルくんかと思った」

        グッダグダなまま終業の時間を迎えた大野先生のゲラゲラの授業は

        『笑いとは人間だけが持つステキな才能 智』

        という言葉で締めくくられました。


        というわけで、5時間の授業全て終了!
        最後に、先生方が『ふるさと』を歌ってくださいました。
        去年と同じく、2番はワク学校歌バージョンでした☆

        そして、スコアボード下から登場したフロートに大野松本・櫻井相葉二宮に別れて乗り、スタンドに向かってお手振り一周してワク学が終了しました。

        まる1ヶ月後のレポでホント今更ですが、ちょっとでも楽しんでもらえたら嬉しいです♪
        ま、半分以上自分のための覚書ですけど。
        そして、最初にも書きましたけど、カメラが入ってたので映像化されるっぽいので、今回の授業を受けられなかった生徒さん達もお楽しみに!
        映像化されなかったらゴメンね!

        そしてそして、Dさん改めてありがとうございました!(私信)


        *****
        拍手ありがとうございます☆

        >Mさん
        コメントありがとうございますー!
        盆休みを利用してレポ書き上げました☆お楽しみいただけたら嬉しいです♪
        ほんと、今年のワタクシ、ラッキーだなー!と思います(>▽<)
        タッキーというか、滝翼いつかご覧いただきたいですわぁ。
        本当に毎日猛暑なので、お互い体調に気を付けたいですね!お気遣いありがとうございます☆


        JUGEMテーマ:
         

        嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目

        0
          こんばんは。
          あなたの心の縄跳び名人・栄枯です☆

          いや〜、オリンピック閉幕しましたね〜!
          櫻井さんは北京の時やバンクーバーの時ほど八面六臂感はなかった感じでしょうか?
          渡英してたのは前半の数日だったのかな?とも思いつつ、全然追えてなかったので、その辺はモゴモゴしておきます。

          というわけで、自分のための覚書が目的の半分以上である『嵐のワクワク学校』レポの続き、行ってみよ!

          『嵐のワクワク学校』略してワク学2012の4間目は

          『ソモソモの授業』

          でした!
          担当するのはみんな大好き・ドS番長こと松本先生。

          鉛筆は450年前、イギリスの羊飼いが使い始めたことを皮切りに、使われ始めたという導入から、自分のソモソモ=ルーツを覚えていますか?ということで、親子席の選ばれた客席の生徒親子にインタビューへ。
          選ばれたのは、男の子とお母さんでした。

          質問内容は
          ・自分が生まれたときのことを聞いたことはありますか?
          ・名前の由来を聞いたことがありますか?

          男の子は生まれたときのことを聞いたことがあり、名前の由来も聞いたことがあるそうでした。
          しっかりしたご家庭ですね☆

          この男の子、質問の最後に、「僕は将来ジャニーズ事務所に入りたいという夢があります」と言ってましたが、その発言も納得のキュートなお顔をしてらっしゃいました。
          ちょっとハーフっぽかったかな?
          で、この発言を受けて

          櫻井「先生以外の生徒でキレイな顔してるねって話してたんだよ」(先生は質問をしてたから、生徒だけで話してたんですね)
          松本「俺らも君が入ってくるまで頑張ってるから。待ってるよ」

          と直々のお言葉が・・・!!
          大阪のキュートな男の子にエリートコースのレッドカーペットが敷かれましたよ!

          そんなこんなもあって、本題は命の『ソモソモ』。
          松本先生は命のソモソモを探るべく、助産院へ。
          助産師さんとの挨拶もそこそこに、いきなり分娩室に寝かされる松本先生「こういうふうにやるのよ!」と解説されつつ、「めっちゃケツ触られてるけど!」と動揺する松本先生(笑)

          今回、出産を控えた家族に協力依頼し、出産の模様を取材することになったそうです。
          ていうか、出産取材って!される方もする方もスゲー!
          産気づいた知らせを受け、早朝に助産院に向かう松様と、かなり長い時間陣痛を耐えたお母さん、大変お疲れさまでした!(なのに、早朝が総長に変換されるワタクシのPCの残念さ。笑)


          ここで、「嵐のソモソモ」ということで、回替わりでメンバーのソモソモを発表。
          ワタクシが見た回は櫻井さんのソモソモでした。
          というわけで、櫻井さんのご両親(?お母様?)へのQ&Aが発表されました。
          とっても、恥ずかしそう&気まずそうな櫻井さんを尻目にQ&Aスタート。(多少中略してますが、あしからず)

          Q. 生まれてきたときのことを覚えていますか?

          A. まるでマジック、イリュージョンそのものでした。妊娠中駆け込み乗車をしてしまい、突き出ているお腹を見ごとに挟まれました。どこか圧縮されているかもしれません。

          Q. 名前はどのように決めましたか?(櫻井「作家さんの名前から付けたってきいたけど」)

          A. 母親が作家の「柴田翔」に傾倒していたので付けました。羊に羽が付いているという意外性。(空を駆けるなんとかかんとか〜と続いたような)

          櫻井「文章が重い!」
          相葉「コラムみたいだもんね」
          櫻井「ポエムだろ?」

          Q. そもそも、小さい頃はどんな子したか?

          A. 小学校入学前に渋谷でケンカし、置き去りにしました。バスに乗っている私を睨みつけていました。

          松本「これはどういうこと?」
          櫻井「これ覚えてる。渋谷のバス停で親とめっちゃケンカして、いなくなったらどんだけ焦るだろうと思って当時住んでた家まで渋谷から六本木通りで一本だったから、歩いたら付くだろうと思って歩いてたら、通り掛ったバスに親が乗ってて「バス乗ってやがる…」って睨んだんだよ」

          (Aの続き)
          ジャニーズに入った時は心配でした。自分で応募したと聞き、その道を閉ざすよりサポートしようと思いました。

          Q. 思い出を作るために何かしたことはありますか?

          A. ありません。敢えて言えば、旅行をしたときのことでしょうか。
          ・八ヶ岳の星の村で星の観察。(櫻井さん、松本先生の読みあげる声にハモる)
          ・三重のねむの郷での大ハマグリに舌鼓。(櫻井さん、ハモる)
          ・下田の海での日焼け大会への下地作り
          ・初めての海外で船上ホラ吹きコンテストで老若男女をかきわけての優勝。時々ホラを吹いてることがありませんか?(櫻井「うまいこと言っちゃったよ)

          ホラ吹き大会については、櫻井さんは子どもの頃トロンボーンを吹いていたため、吹く口の形が一緒だったから上手く吹けたとのこと。
          ていうか、「海外の船上で」とか、「子供の頃トロンボーン」とか、めちゃセレブな響きなんですけど。このおぼっちゃま感には筋金入り感を覚えるんですけど。


          そんな櫻井さんの思い出の品が会場に登場。
          それは、小学校のラグビーのユニフォーム一式でした。

          櫻井「スクラムハーフだったのね。背番号9」
          大野「久し振りに見たんじゃねぇの?」
          櫻井「久し振りに見た」

          というようなやり取りも交えつつ、まとめ。
          助産院の出血ノート(妊婦さん達の出血量を記録したノート)によると、多い人で牛乳ビン7本分(1400cc)。人は2000cc出血すると死ぬと言われてるので、どれだけ大変な思いをして人が生まれてくるかがわかると思います。
          今日帰ったら、自分のソモソモを聞く。周りのソモソモについて考える。周りの人にもっと優しくなれるのではないでしょうか。

          そんな松本先生のソモソモの授業は、

          『ソモソモについて考えると全てが大切に思えてくる 潤』

          という言葉で締めくくられました。

          続きは後日ー!


          *****
          拍手ありがとうございます☆

          >Rさん
          コメントありがとうございます〜☆
          Rさんも観劇されてたんですね!ご挨拶したかったです〜!
          ほんっと、30歳になってもちょおぉぉう可愛いですよね〜♪

          >Dさん
          はい〜!めっちゃラッキーすぎて震えました…!
          ほんとにラブラブすぎてこっちが赤面です(笑)

          >Gちゃん
          嬉しいお言葉ありがとうございます〜!
          実物はワタクシのうわごとの100万倍素敵なんでっ!是非見てもらえたら嬉しいです!
          東京ドームまだチケ取れますんで是非←



          JUGEMテーマ:
           

          嵐のワクワク学校 7/14 17:00 三時間目

          0
            こんばんは。
            あなたの心の泣く子はいねがー・栄枯です☆

            やっと気持ち的にも一段落つきましたので、超絶今更ですが、ワク学レポの続きアップするどー!
            もう1か月くらい前の話だし、どうでもいいんじゃないかと思いつつ、読んでいただける方だけお付き合いくださいまし〜☆


            『嵐のワクワク学校』略してワク学2012の3時間目は

            『ゴクゴクの授業』

            でした!
            担当するのは今年の夏も時空を越えるような活躍をしている櫻井先生。

            「そろそろ喉が渇いてきたと思うので、水が飲みたいんじゃないんですか?」
            的なことを言い、櫻井先生+4人が500ミリペットボトルを手にしたところで、櫻井先生がとても虚ろな顔で
            「はい、じゃ、いつもの感じでいきましょう・・・ルネッサーンス」
            と号令をかけてペットボトルで乾杯するのに素で爆笑しました。
            そんなに投げやりならやらなきゃいいのに(笑)

            櫻井「まあね、水じゃなくてオロCの人もいるかもしれないけどね」
            客席:シーン
            松様「聞こえてないだけかもしれないよ!」←確かに聞こえにくかった

            そんな、櫻井先生のオロC完全スルーを経て、VTRへ。
            滋賀県高島市に600年以上伝わる水の循環システム「川端」の映像でした。
            川端につてはコチラを参照ね(Wikipedia先生の記事です)

            あと、水関連の豆知識として、京セラドームのお手洗いの水は20%を雨水でまかなって節約してるという話も教えていただきました。

            さて、ここから本題の水に関するん実験コーナー。
            バケツ一杯(5リットル)の水を1アラシという単位に換算し、シャワーを浴びる際にどのくらい水を使っているのか検証する実験でした。

            この実験、毎回、メンバーの顔のお面とヅラを付けたマネキンが出てきて、本人がいつもシャワーを浴びるようにマネキンにシャワーを浴びさせて、何アラシくらい水を使用すのかを計測するものでした。

            今回の担当マネキンはニノミーだったワケですが、憮然とする櫻井先生。
            櫻井「髪型変えるときは事前に言ってもらえないと困ります!朝来て、「あれ、金髪じゃない」ってなったんだから」
            そう、ニノミーは大阪に来る前に例の金髪からスタイリッシュな短髪にしてたのでしたー!
            櫻井「唯一、普段と一緒なのは金のパンツだけっていうね」(マネキンは金のパンツ一丁でした。笑)
            ニノ「違います!」

            そんなワケで、アリーナ部分の3か所に設置されたプールから大野相葉松本の3人が水を運んできて、ステージ上に設置されたシャワーに繋がっているタンクに入れて、ニノミーがシャワーを使う実験スタート!

            松本「ぼく、両手で(バケツを)運べるけど…」
            櫻井「ダメです!」

            ダメです!と言われた松様、プールに向かってスタスタと歩いていってしまうんですが、本当はステージから一斉にプールに向かって走っていくスタートだったらしく、「松本くんがフライングしてます!」と告げ口する生徒たち(笑)

            櫻井「それも人生でしょう…」
            ニノ「さすが先生、心が強い」

            そんな感じで、ちょいグダグダでスタート。
            まずシャンプーをするニノミー。早くもシャワーが止まり、
            ニノ「目に入って痛いよー!はやくー!痛いよー!」
            と大騒ぎ(笑)

            ヨレヨレになりながらステージとプールの間を行ったり来たりして水を運ぶ3人。
            結局、
            大野→4アラシ
            相葉→5アラシ
            松本→4アラシ
            の計13アラシでニノミーはシャワーを浴び終わりました。

            櫻井「ていうか、ニノ、リンスとかコンディショナーには目もくれないんだね」
            ニノ「俺、普段からしないよ。自分の油でやっていきたいから」
            櫻井「男らしい!」

            ちなみに、シャワーを使っていないときに水出しっぱなしにせず、止めると水の使用量は約半分になるそうです。
            客席の生徒に「使ってないときに水止めてる人ー?」って聞いてました。
            松様は、ワク学でこれを知ってから、シャワる時にはこまめに水を止めるようになったそうです。エライ!

            ついでに、洗濯に使用される水の量は14アラシ、歯磨き:7アラシ、皿洗い:12アラシ、お風呂:40アラシだそうです。
            これを積み重ねて、人は1日平均64アラシ(329リットル)の水を使用しており、ドームの生徒全員合わせると2,368,000アラシだそう。

            さらに、カレーライスは255アラシ。なぜかというと、ルーを作るのにも、お米を炊くのにも、野菜・肉を育てるためにも水が必要だから。
            Tシャツを1枚作るのには600アラシ。コットンを育てるために必要。
            カザフスタンとウズベクスタンの境にあるアラル湖は、コットン畑のために水をどんどん使ったため、3/4が砂漠化してしまったそう。
            というようななことを考えると、水が豊富な国である日本は、水の輸入国でもあるということになる。

            地球の97.5%が海水、2.5%が氷、0.01%が人が使える水だそうで、水は限りある貴重な資源であることを認識しましょう、というまとめでした。

            そんな櫻井先生のゴクゴクの授業は、

            『シャワー1回=13アラシ 翔』

            という言葉で締めくくられました。

            続きは後日ー!

            *****
            拍手ありがとうございます♪





            JUGEMテーマ:

            PZ'12 滝様ご観劇記

            0
              あなたの心のブギウギ少女・栄枯です☆
              毎日暑いですね!
              そんな暑い中、ボチボチ登山しております。青山という美青年の棲む山にね☆

              そんな中、PZに〜、総長が〜、く〜る〜!!
              ということで、昨日のプレゾンはたきざーさんご観劇でした!!
              まさかまさかのたきざーさんご観劇の日に入れるなんてっ!なんたるラッキー業務!
              鼻息荒く観劇させて頂きましたYO☆

              もう、翼きゅんがほんっとにテンション高くて、ニッコニコで嬉しそうでね〜!それを双眼鏡で見ながらでれでれしちゃうってもんですよ、ワタクシ(笑)
              どうやら、プレゾン前は二人でお仕事だったようで・・・同伴出勤かよ!クゥ〜ッ!!(過剰反応です)
              たきざーさんは帽子も被らず金髪丸出しで現れて、客席阿鼻叫喚でした。
              客席の心が一つになったよね。「やっと来た!!」って☆
              たきざーさんがお席に座る様子をカメラが捉えていたので、DVDの特典映像が楽しみですね!
              早よ出して!(←まだ公演中)

              そんなたきざーさんを、『ハンター』でハケる時に満面の笑みを浮かべながら確認した翼きゅん、強烈にかわゆかったですわ〜vvv
              てか、あんなにニッコリ笑ってる翼きゅん、PZ中で初めてみたYO(笑)
              そして、『ヨイショ』でたきざーさんのお面を後頭部につけて後ろ向きで登場☆
              さらに、お面を外してお面の唇にチュー☆
              さらにさらに、たきざーさんにそのお面を手渡し、握手してました☆
              この時の翼きゅんもめちゃくちゃ嬉しそうで、激かわえかったわ〜☆

              つばにゃん&えだにゃんのコーナーでは、猫耳つけて黒猫の着ぐるみ着たつばにゃんが「助けて、滝レンジャー!」と叫び、これ、たきざーさんがいない時でもたまに言ってるみたいなんですが、昨日ははご本人がいたため、さらに客席が沸きました♪
              で「滝レンジャーの声が聞こえないよ〜」(←激かわええ)と寂しそうにつばにゃんが言うと、たきざーさんが劇場中に響く声で「つばさーーーーー!!!」と絶叫。ぎゃー!!阿吽の呼吸!最高!!

              さらにカテコで、「今日はぼくの愛するパートナーである、たきざーが来てくれています」と、たきざーさんをステージ上に呼び込む翼きゅん。
              たきざーさんは翼きゅんに手渡されたお面を付けて登場し、翼きゅん側の手にお面、反対側の手にマイク(←コッシーが自分のをさっと手渡したそうで・・・コッシーできる子!!)を持っていたため、翼きゅんがすぐさまたきざーさんと手を繋ごうとしたのに、繋げず(爆)
              翼きゅんの手が空振ったのを見て悶絶しておりました。翼きゅん、かわいすぎるだろそれ・・・!!

              で、たきざーさんがツアー中だっていう告知と「滝翼はこれから9/11にアルバム発売も控えていて、屋良っちに振付けてもらいます!!」とハイテンションで結構重大な発表をする翼きゅん(笑)
              屋良っち振り付けですと・・・!!がっつり踊るってことね!今から楽しみすぎて気絶!
              で、そのまま締めようとしかかったところに「9/8,9には東京ドームイベントもありますからね」とさり気なく告知フォローするたきざーさん。さすがです☆

              で、「じゃあ、最後は総長に締めてもらいましょう!」と中腰になる翼きゅん。この座長自由すぎる!!滝沢総長が締めるの?
              で、すぐさま中腰になる、ふぉーゆー&They武道&MAD(←できる子たち!)
              状況が飲み込めないままなんとなく中腰になる、Travis Japanの子たち(笑)
              そして、半歩下がって立ってるアツヒロくん(笑)
              「じゃあ、お前ら・・・っていうか、いいの?俺が締めちゃって?」と、我に返るたきざーさん(笑)
              そんなたきざーさんに「やってしまいなさい!」と言って中腰になるアツヒロくん(笑)

              というわけで、滝沢総長は「お前ら、千秋楽まで楽しくいこうぜ!!」みたいなことを仰ってました。
              正直、舞い上がってて、何を言ったかはよく覚えてないよね←

              で、全員で後ろに下がる時に、たきざーさんのお面を持ってる手を無理矢理繋いで、反対側の優馬の手も繋いで満面の笑みでノリノリでフィナーレを迎える翼きゅんなのでした☆
              安定のラブラブぶり、マジでご馳走様!!お陰で終演後の酒がすすんだっつーの!
              翼きゅんが本当に嬉しそうで、ワタクシも本当に嬉しかったです♪

              あと、たきざーさん関連で言うと、屋良っちが客席でアツヒロくんのローラースケートを探すコーナーで、屋良っちに「アツヒロくんのローラー知らない?」って聞かれたたきざーさん、自分の履いてたブーツを脱いで屋良っちに手渡してました(笑)
              しかも、「これ、いる人ー!」って客席に聞く屋良っち(笑)
              「はーい!」ってめっちゃ客の手が上がり、たきざーさんが慌てて屋良っちに突っ込んで返してもらってましたけど(笑)
              さすが、たきざーさんはサービス精神が旺盛ですね☆

              あと、このコーナー、最後に江田ちゃんが紫バスローブで登場して「ローラー、あったって」ってぼそって呟くんですが、この日はマイクが壊れてて江田ちゃんの声が聞こえず!
              「どうしたどうした!」「じゃあ、もう一回やる?」と言いながら、辰巳が袖から出てきて「ローラー、あったって」と江田ちゃんの真似して言ってガッツリ笑いを取ってました。この流れが全然慌てず騒がずで、ふぉーゆー、さすがすぎる!と思いましたわ。

              そんなこんなで、大興奮のうちに昨日のプレゾンは幕を下ろしたのでした。
              はー、ええもん見た!
              今年のプレゾン観てない方にはなんのこっちゃな内容でスマン!って感じですが、この喜びを忘れる前に書いておきたくて!

              というわけで、来週も楽しみで〜す♪

              *****
              拍手ありがとうございます☆

              >Mさん
              コメントありがとうございます〜!
              なるほど、そういう捉え方もありますね。
              ワタクシはコンサは自分が入った回でも全然嬉しいんですが、ワク学はトークが違ったりするっぽいので、自分が入ってない回の様子が見たいなぁ…と思ったんです〜。贅沢ですね、アハ☆
              さ、三時間目以降は青山登山が終わったらアップしますっ…!

              >Mさん
              ありがとうございます!
              最近、サボり気味ですが見に来て下さってありがとうございますm(__)m





              JUGEMテーマ:タッキー&翼
              JUGEMテーマ:今井翼
              JUGEMテーマ:滝沢秀明

               


              初登山!

              0
                120722_1707~010001.JPG
                今年もワタクシの夏がやっと始まりました〜!!

                生きて帰って来られてよかった!と思うくらい最高でした☆

                嵐のワクワク学校 7/14 17:00 二時間目

                0
                  はい、こんばんは。
                  あなたの心でキックベース・栄枯です☆

                  続きまして、「嵐のワクワク学校」略してワク学2時間目のレポですよ〜。

                  2時間目の授業は

                  『パクパクの授業』

                  でした!
                  担当するのは、髪を切ったことが誰にも気付かれなかった相葉先生。

                  昨年同じテーマで豚の出荷の様子をレポートし、命の大切さを伝えた相葉先生は、今年もあえて同じテーマを選んだそうです。
                  去年のパクパクの授業と言えば、ワタクシ的に一番心に響いた授業…うう、知らなきゃいけないことではあるけど、辛かったよう…というこちらの気持ちそっちのけで授業スタート(笑)

                  相葉「そろそろお腹もすいてきたという声も聞こえてきましたが!」
                  櫻井「どこで聞きました?」
                  相葉「じゃ、みんな10秒数えてください」
                  10秒数える4人+会場、そして教壇の陰に隠れて着替える相葉先生。

                  相葉「ヘイ、らっしゃい!」(あれ、プレゾンですか?笑)

                  「帽子が逆になっちゃった!」とか言いながら、4人の生徒をステージ上にできていた『相葉ずし』のカウンターへ誘導。

                  相葉「何にしましょう?」
                  櫻井「タコ!」
                  相葉「ダメ!」
                  櫻井「えっ、ダメなの?」
                  松様「コハダ!」
                  相葉「惜しい!」
                  大野「アジ!」
                  相葉「アジ!ハイ!」(「反応してあげて!」って言われてました笑)
                  ニノ「サバ!」
                  相葉「わかりました。サーモンいきましょう」

                  相葉先生、強引です。
                  4人の生徒が口々に「え〜!」とか文句を言ってるのも全く気にせず、サーモンクイズを出題。
                  サーモンは、実は白身の魚だってこと、皆さんご存知でしたか?
                  餌であるオキアミの色が移るため、ああいう色になるそうです。
                  その証拠に、産卵後の鮭の死骸を解剖すると、身が白いんです。
                  これは、何も食べずに川を上るためだそう。

                  Q サーモンが海から川に戻って来られるのはなぜでしょう?ちなみに、サーモンは自分が生まれた場所をピンポイントで覚えているそうです。

                  A 星と太陽の位置を見ているから
                  B 地球の磁力を感じるから
                  C 川の匂いを嗅ぎわけるから
                  D 地図を見るから

                  ちなみに、このクイズはさかなクンの監修だそうです。
                  ということで、さかなクンの被り物のドジョウバージョンみたいなのを被った相葉先生が問題が映し出されているビジョンの端っこに映ってました。かわええ。

                  相葉「ヒントとかはいいですか?」
                  ニノ「ヒントあるなら欲しいな〜」
                  相葉「ヒント無しですよ!」
                  ニノ「なんで言ったんだろうな〜」

                  櫻井さんと松様の予想はC、大野さんの予想はB、ニノミの予想は…

                  ニノ「俺、旅がしたいんだよ!俺、鮭ね。道しるべがあるから、旅出来るんだよ!だからA!」
                  相葉「いいところに目を付けた!」
                  4人「おおっ!」
                  相葉「正解、C!」

                  ニノミの熱弁をあっさりかわす相葉先生(笑)
                  そんな相葉先生から、正解した櫻井・松本コンビに相葉先生からサーモンの握りが振る舞われました。
                  なんでも、相葉先生は江戸前の職人さんにお寿司の握り方を教えてもらったとのこと。

                  相葉先生のサーモン握りを食べた櫻井さんと松様は「うまい!」「東京より上手くなってる!」と褒めちぎってました。
                  相葉先生は、東京のワク学後も練習してたそうです。

                  ニノ「これからはマーボーじゃなくて寿司握ったら?」
                  相葉「それは親父が悲しんじゃうから」
                  櫻井「親父さんのためにマーボー作ってたんだ」

                  というやり取りの中…大野さんがガリをもぐもぐ食べてるっ…!
                  ビジョンの片隅に映り込むその姿に爆笑しました。
                  誰か、あの子にも何か食べるものあげてー!!(笑)

                  そんな大野さんを誰もいじることもなく、次のネタ(クイズ)へ。

                  相葉「次、何握りましょう?」
                  櫻井「タコ!」
                  相葉「タコ正解!」
                  ニノ「えっ、決まってるんですか?」
                  相葉「決まってないです。ヤラセ一切なしです!」
                  …ていうか、さっきも櫻井さん「タコ」って言ってましたよね☆

                  タコとイカは一緒に思われがちだけれども、実は全然違う。
                  イカスミ料理はあるけど、タコスミ料理というのは無いのは、イカスミは水の中で固まる性質があり、しかも美味しいので、イカはイカスミを自分の身代りにして、捕食者がイカスミを食べている間に逃げることができる。
                  タコのスミは固まらず、煙幕として使うので、水の中で広がって相手の目くらましをしている間に逃げるため、スミが美味しい必要がない、と全然違うそうです。

                  そんなタコの煮汁を大事に使う職業の人は誰?

                  A 軍人
                  B 書道家
                  C 貴族 → ニノ「眉毛ね」
                  D 茶道家

                  相葉「じゃ、会場ヒントいっちゃう?」
                  櫻井「ミリオネアみたい」
                  相葉「これね、リーダーはわかっちゃうと思うんだよな〜」
                  松様「釣りでタコのスミかかったことあるの?」
                  大野「イカはあるけど、取れない!」
                  松様「タコは?」
                  大野「かかったことない!」

                  …ていうか、出題されてるのはタコスミじゃなくて、タコの煮汁ですよ皆さん…。

                  松様の予想はA、櫻井さんはD、大野さんとニノミはB(だったと思う)

                  正解はAでした。
                  タコの煮汁は体が元気になるタウリンが含まれていたので、昔の軍人さん達は水筒に入れて飲んでいたそうです。

                  相葉「これリーダーわかると思ったんだけどなぁ。前、体調悪い時とかにマネージャーに「タウリン入ってるの買ってきて」って言ってたじゃん」
                  大野「あ〜」
                  櫻井松本「言ってた言ってた」
                  ニノ「タウリン2000入れたから大丈夫って言ってた!」
                  大野「確かにタウリンは飲んでたけど、タコにタウリン入ってるって知らなかったよ」

                  というわけで、正解した松様だけが相葉ずしのタコ握りを食べられることに。
                  相葉先生はもっと正解者がいると思って握りまくってしまったらしく、松様にめっちゃタコ寿司を振る舞ってました(笑)

                  さて、そんな相葉先生、4人の生徒達のためにアナゴ漁に行きました!ということで、アナゴ漁の映像がスタート。

                  相葉先生、2時起き、4時出港のハードスケジュールでした。
                  アナゴ漁をしたのは、江戸前のアナゴが取れる羽田沖。
                  アナゴ名人の親子の漁に同行させてもらったのに、仕掛けにかかったアナゴはおらず、結果、1匹も獲れませんでした!
                  アナゴ名人いわく「自然相手の仕事だから、そういうこともたまにある」とのこと。
                  昔から羽田の魚の種類は変わらないが、取れなくなったということです。
                  漁師さんの数も3〜400人くらいいたのに、今は30人(?)だそう。

                  結局アナゴが獲れなかったので、相葉先生は浅瀬に移って貝を獲り、特大焼きハマグリとアサリの味噌汁を給食として4人の生徒に振る舞いました。

                  櫻井「うまいー」←例の口調
                  松様「お味噌汁もうまい!」

                  というわけで、相葉先生のまとめ。

                  今回も自分たちの地となり肉となる食べ物について考えたかった。
                  日本ほど魚が食卓に上がる国はないということで、今回は魚を取り上げました。

                  そんな相葉先生のパクパクの授業は、敢えて去年と同じ

                  『ごちそうさま ありがとう 雅紀』

                  という言葉で締めくくられました。


                  いや〜、相葉ずし斬新でした(笑)
                  去年の豚の出荷は本当にシビアでワタクシは胸を突かれる思いがしたんですけど、なんだろう。
                  魚介類ってあんま「可哀相」とか「命をもらってるんだ」って気がしないのはワタクシだけでしょか…。
                  魚を見るとつい「食べ物」って思っちゃうんですよね〜☆

                  でも、だからといって、食卓に上がった魚介類を粗末にしていいということではないのはよーくわかるので、出されたもの、用意した食事はキッチリ食べようと思いま〜す!

                  続きはまた後日!


                  *****
                  拍手ありがとうございます☆

                  >mさん
                  コメントありがとうございます。楽しんで頂けたら嬉しいです♪



                  JUGEMテーマ:
                   

                  嵐のワクワク学校 7/14 17:00 一時間目

                  0
                    こんにちは。
                    あなたの心でポートボール・栄枯です☆

                    関東、めっちゃ暑い!!
                    こんな日は家に籠ってレポ書くのが一番!(暗い…)ということで、早速ワク学レポはじめま〜す☆

                    そんなワケで、『嵐のワクワク学校』略してワク学2012の1時間目は

                    『カチカチの授業』

                    でした!
                    担当するのはサッパリとカットした髪型も眩しい二宮先生。

                    まず最初に白いTシャツと黒いTシャツのチームがボールをパスする映像が出てくるんですが、ここで白Tのチームが何回ボールをパスしたかチェックしてください、という二宮てんてー。

                    生徒達の答えは
                    相葉:16回
                    櫻井:白Tチームの人が黒Tチームの人にパスした回数を除くとしたら、15回
                    大野:一時停止の状態で16回だけど、ここから先はわからない(←全員に「当たり前だから!」とツッコまれる)
                    松様:VネックのTシャツの人が『鍵』の時の大野さんみたいなメガネ掛けてる(←ちょっと曖昧。メガネじゃなかったかも)

                    ニノ「先生出てます」
                    4人+会場「え〜〜〜!!」

                    確かに、検証映像でパスしてる人たちの後ろの体育館の舞台っぽいところにボードを持って立っている二宮先生(金髪)が!
                    白Tのチームのパスの回数をカウントすることに集中すると、他のものが見えなくなってしまう、という実験でした。

                    というワケで、この授業のキーワードは「先入観」。

                    次に二宮先生が用意したのは、赤いドア。

                    ニノ「ドアの向こうにある消火器を10秒以内に取ってきてほしい。じゃないと、爆発しちゃうよ!怖い怖い!」(←かわええ)

                    この問題に二宮先生が指名したのは…

                    ニノ「相葉くん、さっきから笑ってる。ずっと」
                    相葉「先生、これ正解しちゃうよ?いいの?」
                    ニノ「いいですよ。用意スタート!」

                    で、相葉さんが押したり引いたり、横にスライドさせても開かないドア。

                    相葉「開かない…!」
                    ニノ「はい、ダメでーす!!」
                    相葉「東京ではできたのに…!」

                    今回は、上にスライドさせるタイプのドアでした。ドアがドアの枠から上にはみ出す感じね。

                    相葉「先生、すげぇよ!!」

                    この実験でわかったのは、ドアは押したり引いたり、相葉さんが東京で偶然やった横にスライドさせたりして開くものだ、という先入観がみんなに植え付けられてるということ。

                    これを心理学用語で「アフォーダンス(affordance)」と言うそうで、英語のaffordに由来する「与える、提供する」という意味の言葉だそう。

                    例えば、トイレのマークの男性は青、女性は赤、という思い込みがあったりしますね。今回、一部のトイレで色を入れ替えたところがあったので、混乱した人もいたのではないでしょうか。
                    このように生活を快適にしてくれる面がある一方で、囚われると大変なことになることもあるんです、という二宮先生の解説がありました。

                    ここで、おもむろにリレーを開催。
                    櫻井「先生、これって先入観に関係あるんですか?」
                    ニノ「ありますよー。4人で力を合わせて7分以内にゴールを切ってください」

                    え〜、と言いながら、ふとコースの4番目にだけハードルが10個くらい置かれていることに気付く松様。やっべぇ!と急いで走行順の書いてあるボールを引くクジを引きに行くも、走行順は4番目(笑)
                    「まじかよー!」と凹むお姿がキュートでした☆

                    そんなリレーの走行順は
                    櫻井さん→相葉ちゃん→大野さん→松様

                    相葉ちゃんが速かったのが印象的でした。さすが!

                    そして、松様が華麗にハードルを飛んで(途中からちょっとグダグダに)、無事にコースの最後に張られたテープを切るも

                    ニノ「ゴールを切ってください!」
                    松様「えっ?」

                    もう一度テープを切る松様。

                    ニノ「それはテープですよね?ゴールを切ってください!…3,2,1,タイムオーバー!」

                    え?え?どういうこと?と松様に走り寄る大野&相葉コンビ。
                    ゴールと対極付近にいるため、ゴールに向かわず、ボルトのポーズを取る櫻井さん(笑)

                    二宮先生が「ほら、ゴール」と指示したのは、めっちゃちっちゃい字で「ゴール」と書かれたハードルでした(笑)
                    しかも、発泡スチロールでできているので、すぐ切れるようになっている、というもの。
                    ゴール=ゴールテープだという思い込み、ハードルは固いという思い込み、の二重の思い込みがあることがわかりましたね、という二宮先生。

                    ニノ「先生悔しいです。みんながゴールできなくて」
                    松様「悔しいのは俺らの方だよ!ていうか、めっちゃ跳んじゃった俺恥ずかしい」

                    と、松様が悔しがる中、サッカー日本代表の本田ポーズを取る櫻井さん。
                    ゴール付近に向かう様子はありません。自由ですね(笑)
                    ま、全員ゴール側に来ちゃうと、反対側の生徒から見えなくなっちゃうという配慮なのかもしれませんね☆

                    というわけで、二宮先生のまとめ。

                    人間には「現状維持バイアス」というものが働く。
                    バイアスとは先入観のこと。現状維持をすることで、身を守るという本能がある(みたいな感じだったかな)
                    例えば、同じような洋服を買ってしまうというのも現状維持バイアスの働き。
                    パーカーが好きな人はパーカーばっかり買ってしまう(←櫻井さんのことですか?笑)
                    ボーダーが好きな人はボーダーばっかり買ってしまう(松様「そうだね〜」)
                    先入観を取り払うと、新しい世界が見えてくる。

                    鶏は実は10mくらい飛べるのに、跳べないまま一生を終えるものが多い。
                    ただし、グループで飼って、その中の一羽が飛ぶとみんな飛べるようになる。

                    いつもと違う服を着るところから始めませんか?

                    そんな二宮先生のカチカチの授業は

                    『先入観を取り払い、可能性のドアを開けよう 和也』

                    という言葉で締めくくられました。
                    は〜、面白かった!


                    *****
                    拍手ありがとうございます☆

                    >Dさん
                    ありがとうございます〜!
                    続きもコツコツ書いてますので、よかったら読んで下さいまし☆



                    JUGEMテーマ:
                     

                    嵐のワクワク学校 7/14 17:00 に行ってきましたー!

                    0
                      こんばんは。
                      あなたの心で起立〜!栄枯です☆

                      と、い・う・わ・け・で!
                      急遽入学してきましたお。
                      嵐のワクワク学校 大阪校に!

                      貴重な授業を受講できることになったからには、レポすることが命題だろうと勝手に思い込み、「ハッ!先生たちのことも見なきゃ!」と途中で我に返るくらい夢中でメモ取ってました(^^;)
                      ま、今となって読み返すと全然読めない字がたっくさんあるんですけどね(←え)

                      というわけで、今年もネチネチとレポしま〜す☆
                      ま、もう東京校の授業内容が出回りまくった後なので、そんなに求められないだろうとは思いつつ(笑)

                      今回、教室に入ってまず確認したのは、もちろん歴代校長の肖像です(キッパリ)
                      あれ?去年と違ってる〜!

                      12代校長 二宮和也(ハゲヅラ+メガネ)
                      13代校長 松本潤 (ロマンスグレー)
                      14代校長 大野智 (空手の師範みたいな怪しい長髪&長い顎ヒゲ)
                      21代校長 相葉雅紀(ハゲヅラ)
                      25代校長 櫻井翔 (ロマンスグレー+メガネ)

                      教室では、大野校長のビジュアルがすご過ぎて何度も見ては笑わせていただきました。
                      大野校長、群を抜いて胡散臭ぇ〜!

                      で、今回の第〇代校長の数字は一体なんですのん?
                      昨年とは違うけど…昨年は優秀な生徒さん方にソッコー「誕生日だお!」と教えていただきましたが、今年は自分の頭で考えてみました。
                      おそらく、苗字の画数だと思われ。

                      今年も開校前のアナウンスが「教壇に駆け寄るなどの行為は危険ですので、おやめください」など、学校バージョンになってて和みました☆

                      そして、いよいよ開校の時間。
                      今年は先生方が先生に変身して嵐学にやってくるという設定のようでした。

                      松本先生→ ジムで走ってたら目の前の外人さんのランニングに嵐学のロゴが浮かび上がり、「ハッ!」となって変身
                      相葉先生→ お弁当を開けたらご飯の上に緑一色の嵐学のロゴが浮かび上がり、変身
                      櫻井先生→ ZEROのイチメン中に「こちらをご覧ください」と示したビジョンに嵐学のロゴが浮かび上がり、手にしていた指示棒を取り落とし、変身
                      二宮先生→ 都バスの中でゲーム(DS?)をしてたら、画面に「窓の外を見ろ」と指示がでて、外を見ると渋谷のQFRONT(たぶん)に嵐学のロゴが浮かび上がり、変身
                      大野先生→ インタビューしてるか、されてるかの状況で、飲もうとしたコーヒーのラテアートに嵐学のロゴが浮かび上がり、変身

                      で、京セラドームの廊下に集合した先生方がベンチの横に設けられたドアから登場〜!

                      半年振りの生嵐ちゃま先生方、めっちゃキュート!
                      二宮てんてーが髪切って爽やか〜になっとるよ!もうあの作り物のようなパツキンじゃないよ!

                      しかし、大野先生、尋常じゃなく黒いな、おい。(まがお)

                      櫻井「二宮先生、髪切った?」
                      生徒「キャーーーーー!!」
                      相葉「全然気付かなかった」
                      生徒:反応薄い
                      相葉「俺も髪切った」
                      4人「え、そうなの?」
                      相葉「それこそ、全然気付かないよね」

                      ニノ「相葉先生、なんか声変じゃないですか?」
                      相葉「ボリュームの調整してるの!始まったばっかだから」
                      松様「ボリュームの調整???」
                      相葉「テンションの調整してるの!」←そこ間違うか(笑)

                      ここで「実際に学生・生徒の人〜」「昔、生徒だった人〜」と、昔学生だったワシらには若干気まずい質問に手を挙げさせられ、
                      櫻井「ワクワク学校は、学びたい老若男女すの皆さんを応援します!」
                      と応援される全校生徒でした(笑)

                      そして、今回の開演前の仕込みは、一階の廊下に落ちてた赤い風船(阪神戦のラッキーセブンで飛ばすジェット風船みたいなもの)。
                      なんと、櫻井先生が事前に直接口を付けて膨らまし、飛ばして落っこちた物でした〜!
                      途端に「キャー!」と色めき立つ生徒たち。
                      この風船が、開場後、何分で拾われてゴミ箱に捨てられるかというのをカメラを設置して観察されていたのでした。
                      結果、東京だったら10分くらい(?)かかるところを、開場6分で親子連れのお母さんが風船を拾い、男の子がゴミ箱に捨てていたことが判明しました。
                      ちなみに、この親子連れさん、ビジョンに映し出されて会場から拍手を受けていました。

                      櫻井「ちなみに、先生がハケる時にゲッツのポーズをしたのに気付いた人〜!」←えっ(笑)
                      生徒:シーン
                      櫻井「皆無ですね」


                      ところで、この回は本気のカメラが入ってましたので、また映像化されるのではないかと思われますお☆
                      また自分が見た回が映像化されるのか…orz
                      ひょっとしたら、各会場の映像を編集して組み合わせるのかもしれませんけどね☆

                      というわけで、長くなってきたので、続きはまた次回〜!


                      JUGEMテーマ:
                       

                      あれっ

                      0
                        120714_1557~01.JPG
                        ワク学グッズ、今なら並ばず買えますお!


                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        ◎KONNA MONO WO KUTTE KITA!

                        ◎ SAVE ELECTRICITY!

                        COUNTER

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 新装開店
                          栄枯
                        • 新装開店
                          きりん
                        • 新装開店
                          るん
                        • 新装開店
                          D子
                        • 今年も終わりますね
                          栄枯
                        • 今年も終わりますね
                          るん
                        • じゅーーーーーりえーーーっ!
                          栄枯
                        • じゅーーーーーりえーーーっ!
                          るん
                        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
                          栄枯
                        • 嵐のワクワク学校 7/14 17:00 四時間目
                          N

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR